驚きのからくり装置は必見! 

セイコーのブランドMV「Art of Time」

セイコーホールディングスは、グループスローガン「時代とハートを動かすSEIKO」をテーマにしたブランドミュージックビデオ「Art of Time」を、YouTubeのセイコー公式チャンネルで公開している。タイトルには「時に音楽を乗せて、人々に豊かな時間を提供したい」との思いが込められている。

動画の主役は、機械式時計の実際のパーツや時計製作の道具約1200個を利用して作り上げた、ループゴールドバーグマシン(いくつもの仕掛けを連鎖的に動かし、最終的に何らかの作業を実行する装置)。最小で0.7ミリのパーツを使った数々のからくりと装置の造形美が圧巻で、装置の一部として登場する時計職人の繊細な指先との連携プレーも見どころだ。

動画で流れるイメージソング「時代とハートを動かすセイコー」は、服部真二CEOが自ら作曲したものに社員から集めた歌詞をちりばめたもので、アーティストのやくしまるえつこさんが歌った。美しい映像と楽曲のシンクロが心地良い。撮影総時間3日、70時間に及んだというこの動画は、「時間」のアートとして一見の価値ありだ。

特設サイト(http://www.seiko.co.jp/artoftime/)では、ビデオ本編とメーキング映像が視聴でき、イメージソングのフルバージョンも聴くことができる。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ