「コカ・コーラ」スタンプボトルで、
きゃりーさんらが伝えたい気持ちは。

コカ・コーラシステムは、2016年1月から世界で展開する「Taste the Feeling」キャンペーン(関連記事:http://dentsu-ho.com/articles/3619)の下「コカ・コーラをシェアしよう」をコンセプトに、日常で伝えたい気持ちをさまざまな表情や言葉で伝えるスタンプを商品ラベルに配した「コカ・コーラ」スタンプボトルを3月28日に発売し、新テレビCMを放送している。

スタンプボトルの目玉として、ワーナーミュージック・ジャパンの人気レコードレーベル「unBORDE(アンボルデ)」とコラボレーション。アンバサダーにきゃりーぱみゅぱみゅさんや、RIP SLYME、チームしゃちほこなどレーベルを代表するアーティストを起用した。

スタンプボトルは全44種類の展開だが、その中の12種類がアンバサダーたちの個性を表現したもの。

発売日の28日、東京・港区のスパイラルホイールでは記念イベントが開催された。

冒頭、「コカ・コーラ スタンプボトル」編が上映され、出演したきゃりーさんが登壇した。

CMではライブのリハーサルがうまくいかず落ち込むきゃりーさんに、父親から「気合いだっ」のスタンプボトルが届く。きゃりーさんは「りょうかい!」と書かれたスタンプボトルを撮影し父親にメールで返信する。やる気を取り戻したきゃりーさんは、翌日のステージに元気良く駆け上がっていくというストーリー。いつものきゃりーさんのポップな世界観ではなく、スタンプボトルを軸に娘と父親の心温まる関係を描いた。CMソングは、きゃりーさんのデビュー5周年記念ソングでもある「最&高」で、CMに合わせて書き下ろされた。

きゃりーさんは「感謝の気持ちなどを素直に言えないことがある。そんな時にスタンプボトルなら思いを伝えることができる」と話し、掲示されたスタンプの中から本人のコラボスタンプ「きゃっ!」を披露した。つけまつげが印象的なイラストと文字を組み合わせたスタンプで「女の子らしいかわいさと、名前の一部でもある“きゃっ”がとても気に入っている」と語った。ステージには、チームしゃちほこと神聖かまってちゃんのメンバーも登場し、スタンプボトルで乾杯した。チームしゃちほこのスタンプは、ライブの楽しさを表現したという「るんるん」と頭にしゃちほこを載せたイラストの組み合わせ、神聖かまってちゃんのスタンプは、独特のセンスのイラストに「?」で「私のこと好き?」と聞くとき用だと笑わせた。

会場には、きゃりーさんのサウンドプロデューサーでもある中田ヤスタカさんと、RIP SLYMEのPESさんも駆け付けた。 2人は、アンボルデとコカ・コーラのコラボソング「Feel」を作詞・作曲・編曲した。曲はスタンプボトルのラベルにあるQRコードからアクセスし聴くことができる。

スタンプボトル公式サイト:http://www.cocacola.jp/stamp/qr/teaser.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ