「東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアー」が始まる

東京都、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は10月8日、「東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアー」を小笠原村から開始した。

関連記事:オリンピック・パラリンピックフラッグが都民広場に翻った[2016.09.26]

小笠原村に到着したフラッグ

このイベントは、オリンピックフラッグ、パラリンピックフラッグが東京都内62区市町村を巡回し、各地でフラッグの到着の歓迎セレモニーと展示を行う。また、東日本大震災で被災した東北3県(岩手県、宮城県、福島県)をはじめ全国にもフラッグが回る予定。東京2020大会の開催機運を高めるために企画された。

父島の大神山公園で行われた歓迎セレモニーで小池百合子東京都知事から村民にフラッグが手渡された。

大神山公園での歓迎セレモニー

 

「東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアー」詳細
http://flagtour.jp/

奥多摩町での歓迎セレモニー

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ