ピコ太郎さん、大原櫻子さんが
学生200人と「学割ってるダンス」!

ソフトバンクは3月14日、東京・中央区のベルサール汐留で、イベント「学割ってる?フェス ~みんなで踊って公開収録!~」を開催した。

「学割ってる?」は同社の学割キャンペーン「スーパースチューデント」を表現する言葉で、世界的なスターのジャスティン・ビーバーさんが出演するテレビCMなどでも使われている。同社は全国の学生を応援しようと「学割ってるダンス」を制作し、同社の公式YouTubeで公開している。
https://youtu.be/uUqqOU1NQPY

当日は、事前に一般から募集した200人の学生とゲストが一緒にダンスを楽しみ、その模様を動画に収録した。参加者が、笑顔の中にも真剣さを持ってリハーサルを終えると、ステージにはゲストとして楽曲「PPAP」で世界的に話題となったピコ太郎さんと、女優の大原櫻子さんが登場し、会場に歓声が響いた。2人は、スーパースチューデントのテレビCMに出演している。

「ウ~ンッ!」
 

ダンスを経験済みの大原さんは「難しい踊りなので、今日は皆さんに引っ張ってもらって頑張りたい。楽しい時間にしましょう」と話し、「私は踊りを覚えるのに、振り付けを口に出して練習した」とコツを伝授した。ピコ太郎さんは、ビーバーさんとのCM撮影について「ジャスティンのハイタッチは、力強くて少し痛い」と笑わせ「休憩の時も日本語であいさつしたり、“セクシーな衣装だね”など話し掛けてくれたり、いい子だ!」とエピソードを披露。「PPAP」の動きは日本舞踊にインスパイアされてできたと明かし「学割ってるダンスは、スピードが速いので大変。年が年なので、収録テークは少な目にお願いしたい」と会場を沸かせながら、「PPAP」を踊ってみせた。

本番では、ゲストの2人がステージで学生と向き合って踊るパターンと、学生と同じフロアで踊る2種類のバージョンを収録。全員の息が合い、無事に終了した。大原さんは「皆さん、素晴らしかった。こんなに楽しいダンスは初めてだ」とコメント。サプライズとして、CM「白戸家」シリーズでおなじみの“お父さん犬”を呼び込み、今日はお父さんと記念撮影できると告げると、喜びの声が起きた。

会場では、CMで使われた衣装展示や、CMの舞台と同じ教壇が再現されたコーナーが設けられ、参加者たちは思い思いにスマホでの記念撮影、SNSへの投稿を楽しんだ。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ