loading...

樋口 景一株式会社電通 CDC

樋口 景一

株式会社電通

CDC エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター/コミュニケーションプランニングセンター長

国内で広告キャンペーンのディレクションや商品開発を行う一方、海外での事業開発案件を多数手がけるなど広告領域を越えた活動をグローバルに展開。最近では発展途上国を中心に地域や国家ブランディングに携わる。 カンヌ国際広告賞金賞など国内外の受賞多数。カンヌ、クリオなど審査員歴多数。 2008年より武蔵野美術大学非常勤講師。 著書に「発想の技術」 (電通)、「社会人思春期の歩き方」(廣済堂出版)、「仕事という名の冒険 世界の異能異才に会いに行く」(中央公論社)。

関連する人

連載

関連書籍

  • 今ここにある問題を解決するために 僕らはアイデアで越えていく DENTSU DESIGN TALK

    今ここにある問題を解決するために 僕らはアイデアで越えていく DENTSU DESIGN TALK

    「本屋大賞」を設立した博報堂ケトルの嶋浩一郎氏と、地域や国家ブランディングまで携わる電通・コミュニケーション・デザイン・センターの樋口景一氏が「越える力」をテーマに語り合った。嶋氏と樋口氏はそれぞれ、既存の広告領域にとどまらないさまざまな問題をアイデアで越えてきた。課題を解決できるコア・アイデアにはどうやったらたどり着けるのか?ふたりが語りつくす。

  • 電通デザイントークVol.1

    電通デザイントークVol.1

    電通の異種格闘技トークセッション「電通デザイントーク」が書籍シリーズになった。 第1弾は、ニューヨークで大活躍するクリエーティブ・ディレクター、映画監督、そして博報堂のクリエーティブ・ディレクターをお招きして、これからの広告とコミュニケーションを熱く語るセッション3本を収録している。 著者たちそれぞれの作品についてや仕事への向き合い方なども語られており、ファンはもとより、ビジネスパーソンから学生まで幅広い層に向けた内容となっている。

  • 発想の技術 アイデアを生むにはルールがある

    発想の技術 アイデアを生むにはルールがある

    ゼロから考えて 答えを出すための本。
    そもそも、今までのやり方ではうまくいかない世の中だ。 新しい方法を生み、新しい経済をつくるしか、 これからを生きる僕らに道はない。 過去のいろいろなしがらみを、壁を、境界線を、 アイデアで越えていくしかない。 どうせなら、軽やかに越えていきましょう。 できるだけ遠くまで越えていきましょう。ぜひご一緒に。