loading...

並河 進株式会社電通 ビジネス統括局

並河 進

株式会社電通

ビジネス統括局 コピーライター/クリエーティブディレクター

1973年生まれ。2016年9月、データとクリエーティビティの掛け合わせによるプランニングチーム「アドバンスト・クリエーティブ・センター」を立ち上げる。2016年度グッドデザイン賞審査委員。TEDxTokyo Teachers2015スピーカー。 著書に、『Social Design 社会をちょっとよくするプロジェクトのつくりかた』(木楽舎)、『Communication Shift「モノを売る」から「社会をよくする」コミュニケーションへ』(羽鳥書店)他多数。東京工芸大学非常勤講師。

関連する人

連載

関連書籍

  • ソーシャルデザインの広め方

    ソーシャルデザインの広め方

    東日本大震災後に東北の子どもたちの笑顔のためにデザインができることを考えた、日本ユニセフ協会「祈りのツリープロジェクト」の世話人を務める永井一史氏、福島治氏、並河進氏の3人が、これからの社会にとってのデザインのあり方を考えました。

  • Communication Shift 「モノを売る」から「社会をよくする」コミュニケーションへ

    Communication Shift 「モノを売る」から「社会をよくする」コミュニケーションへ

    広告は社会のために何ができるか。
    ソーシャルプロジェクトの経験と、 広告の最前線で活躍する12名のクリエイターとの対話から、ヒト・モノ・コトをつなげる仕組みをうみだす「広告とコミュニケーションの未来」を切り拓く。

  • Social Design

    Social Design

    「さあ、あなたの心の中にある、社会をよくするプロジェクトに名前をつけよう」 社会の課題を解決するためのプロジェクトを、ゼロから立ち上げるまでの道程を、現場感あふれる筆致で詳細に解説。プロジェクトの成功の秘訣を、「ソーシャル・デザインのヒント」としてまとめました。 さらにプロジェクトの設計図のつくりかた、立ち止まりそうになったときのアドバイスまで。ソーシャル・デザインを志す人必携の入門書!