6月20日朝は丸ビルに寄り道?

「2014 FIFA World Cup Brazil Public Viewing in Marunouchi」

         

2014 FIFA ワールドカップ ブラジル大会の期間中(7月14日まで)、東京・千代田区の丸ビル1階の「マルキューブ」と「丸の内カフェ ease(イーズ)」では、「2014 FIFA World Cup Brazil Public Viewing in Marunouchi」(主催=同実行委員会 特別協力=三菱地所 協賛=ソニーマーケティング) が開催されている。

会場には180インチの大型スクリーンが設置され、W杯全試合のうち36試合を生中継。人工芝の上で自由にパブリックビューイングが楽しめ、東京の中心で快適な観戦ができる。会場中央にはソニーマーケティングの協力で85インチの「4K対応 BRAVIA」3台も設置され、生中継映像やW杯関連映像を常時上映する。

日本対コートジボワール戦が中継された6月15日には、日本代表のユニホームを着たサポーターが集結。臨場感ある映像を視聴しながら、試合の行方に固唾をのんだ。
6月20日に行われる日本の第2戦、対ギリシャもパブリックビューイングを実施する(前日午後5時から整理券配布)。

次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)は、ブラジル大会の4試合についてCSデジタルチャンネル「Channel 4K」で4Kの試験放送を実施するが、同パブリックビューイングにも協力し、36試合とは別に日本代表の初戦・対コートジボワールなどを会場で録画放送する。

 

隣接する easeでは、開催時に軽食・飲料を販売。また、店内ではタブレット端末をレンタルし、FIFAワールドカップ2014公式動画配信デジタルプラットフォーム「FIFA  World Cup LEGENDS STADIUM 2014 」(legendsstadium.com/)が体感できる。試合のハイライト動画や、リアルタイムで試合スタッツデータを確認できる他、プレーを360度あらゆる角度から視聴できる機能など、いつでもW杯を楽しめる。

 

丸ビルと新丸ビルの間の「行幸地下ギャラリー」では、「AP通信ワールドカップ報道写真展 1930-20『CELEBRATION OF FOOTBALL IN BRAZIL』」を併催(7月31日まで)。今大会に出場する32カ国の代表ユニホームも展示する。

公式サイト: pv-marunouchi.com/

「LEGENDS STADIUM」関連記事:dentsu-ho.com/articles/1281

「4K」関連記事:dentsu-ho.com/articles/1257

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ