グリコ ポッキー新プロジェクト発表会

江崎グリコは、発売から50年目を迎える「ポッキー」シリーズ主要商品のリニューアルに当たり、8月25日に東京・銀座の時事通信ホールで新プロジェクトの発表会を開催。、同時に新イメージキャラクターとテレビCMのお披露目を行った。

同社チョコレートマーケティング部の小林正典カテゴリマネージャーは、プリッツにチョコレートをかけるというアイデアから誕生したポッキーの軌跡を振り返りながら「たくさんの方にご愛顧いただき、この49年間の歴史の中で積み上げた箱数は100億箱を超えました」と述べ、分かち合う喜びを意味するポッキーのブランドスローガン「Share happiness!」をより広めるため、新たに「PROJECT:シェアハピ」を始動すると宣言した。

続いてステージには、新イメージキャラクターに起用された人気ダンス&ボーカルグループ「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」から 小林直己さん、岩田剛典さん、登坂広臣さんが登場し、9月1日から順次オンエアされる新テレビCM「シェアハピ・デビュー」編と「シェアハピダンス」編で使用される楽曲や振り付けのコンセプト、そして撮影時のエピソードについてトークを展開した。

ポッキーのイメージを尋ねられた登坂さんは「いつも近くにあるイメージ。自宅にも実家にも、楽屋にも自然に置いてある。今回、こうしてお仕事させていただくのが不思議な感覚。気が引き締まる思いです」とコメントした。

同プロジェクトはテレビCMや大型ポスターの他、「シェアハピダンス」の振り付けの完成度や創作性を競う「ポッキー シェアハピ ダンスコンテスト」によるコミュニケーション展開も行う。グランプリ作品は東京・渋谷の街頭ビジョン(グリコビジョン)で放映される。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ