2016年デジタルの10大潮流 #05

アルゴリズム vs キュレーション

  • Trends
    Carat’s TOP 10 TRENDS

前回に引き続き、電通イージス・ネットワークCaratの「TOP 10 TRENDS」から2016年の大潮流を紹介します。

top trend

アルゴリズムの進化は、よりパーソナルなニュース配信や、文脈を正確につかんだ検索結果に生かされている。その一方で、音楽検索やショッピングなどの趣味やセンスが重要な領域では、人間によるキュレーションが改めて注目を集めている。

TwitterのMomentsでは、編集チームや協働するメディアが注目度の高いテーマごとにツイートをキュレーション。アカウントをフォローしていなくても、話題のトピックスのツイートが閲覧できる。

アップルミュージックのラジオステーションBeats 1は、Spotifyのようにアルゴリズムに頼るのではなく、人気DJたちが楽曲を発掘しキュレーションして届けてくれる。

Pinterestはアプリ上にキュレーションストアを設け、ピンの数だけに頼ることなく本当に良いと思える製品を集めて紹介する。

Eton MessyのようなYouTubeチャンネルは、楽曲をコンピレーション。ポッドキャストのRadiotopiaはラジオショーを提供。ジャーナリズムの分野ではLong Readsがキュレーションされた質の高いコンテンツを供給している。


キュレーションはスキルであり、対価としてのコストが発生する。広告主にとってもスポンサードなど大きな可能性を秘める領域だろう。

信頼性を醸成し、消費者の注意を引き付けることが期待できるため、特にまだ知名度のない新しいブランドにとってはSEOに代わる施策として有効だ。新製品のアピールに、キュレーションは重要な役割を果たすだろう。活用する際には、キュレーターを尊重する姿勢が求められる。

プロフィール

  • Trends
    Carat’s TOP 10 TRENDS

    電通イージス・ネットワーク傘下のCarat(カラ)が毎年恒例で発表する「TOP 10 TRENDS」。世界最大級のメディアエージェンシーの立場から、台頭するテクノロジーや現象を、広告主にとって重大な影響をもたらす局面にあるかどうかの視点で検証する。Caratは、独立系調査機関RECMAのリポート「Network Diagnostics」最新版で、グローバルメディアネットワークの1位に選ばれている。オリジナルリポートはhttp://www.slideshare.net/NextGenerationMedia/carats-10-trends-for-2016

バックナンバー

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ