AIでよみがえったレンブラントの“新作”がカンヌライオンズ2冠 サイバーとデータクリエーティブ部門

没後347年を経て生まれたレンブラントの“新作” 「The Next Rembrandt」が、カンヌライオンズのサイバーとデータクリエーティブの両部門でグランプリ2冠に輝いた。

カンヌ
画像をクリックするとCreativityのサイトで動画をご覧いただけます

アドエージによると、オランダに拠点を置く総合金融グループのINGが、デルフト工科大の協力を得て、レンブラントの全346作品のデータをコンピューターに入力、人工知能(AI)によって「最もレンブラントらしい」作品をつくり出したもの。絵のモデルが選ばれる傾向や描かれるバランスなど、あらゆるデータを入力・分析し、その筆致を絵の具の凹凸まで忠実に再現するために3Dプリンターが使われた。JWTアムステルダムが手掛けた。

クリエーティブデータ部門審査委員長を務めたHavas Heliaのタッシュ・ウィットミーCEOは「データというえたいの知れない警戒されがちなものを、人間にとって美しく心地の良いものに変換した。クリエーティビティーにとって道標となり得る作品だ」と語る。クリエーティブデータ部門は、昨年新設されたものの、グランプリ該当作品なしだったことが話題になった。「データよりクリエーティブの要素が勝っていたり、その逆だったり。今年のようなテクノロジーに人間性を持ち込んだ作品は見当たらなかった」。今年は、「The Next Rembrandt」と、スペインの宝くじ「Anuncio Loteria de Navidad」の心温まるアニメ動画「Justino」の2作品(レオバーネット・マドリッド制作)が同時受賞となった。

サイバー部門の審査委員長を務めたR/GA U.S.のECD、クロエ・ゴットリーブ氏は「The Next Rembrandt」について「クリエーティビティーから始まったのではなく、データがクリエーティビティーの源泉となった。デジタルの世界からフィジカルな世界へという流れは、従来のサイバー部門の受賞作品とは異なる。テクノロジーから生まれたものであると同時に、われわれになじみの深いアート作品でもあるところが面白い」と分析する。INGはアートとイノベーションの両方の領域に投資してきた歴史を持つ。

電通グループでは、クリエーティブデータ部門でトヨタ「OPEN ROAD PROJECT」(電通)がシルバーとブロンズ2個、サイバー部門でクリストファー・アンド・ダナ・リーブ基金「Adaptoys」(360i USA)がシルバー、CANON「PHOTO COACH」(360i USA)がシルバー、オスカーメイヤー「Sizzl」(360i USA)がブロンズを受賞した。

出典 Ad Age
'Next Rembrandt' Proves Data Isn't Scary
ING's 'The Next Rembrandt' and the Spanish National Lottery's 'Justino' Win Cyber Grand Prix

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ