loading...

電通とアクセルマーク、ブランド体験を高めるスマートデバイス向け広告サービス 「BRAND SCREEN」の提供開始

    2015/10/23

    電通とアクセルマーク、ブランド体験を高めるスマートデバイス向け広告サービス
    「BRAND SCREEN」の提供開始

    電通は、アクセルマーク株式会社(アクセルマーク)と共同で、テレビ・パソコンに次ぐ第3のスクリーンであるスマートデバイス上での新たなブランド体験を実現する広告サービス「BRAND SCREEN」※1(ブランド・スクリーン)の提供を10月23日から開始した。

    現在、スマートフォンの普及率は62%、20~30歳代では80~90%台に達しており、タブレットの普及率も20%を超え、年々伸びている※2。スマートデバイスによるメディア接触やアプリ利用が増加する中、これらに対応する新しい形態の広告サービスが登場してきている。

    一方、特にスマートフォンにおいて、限られた画面の中で高い表現力を持った広告サービスの開発や提供はこれからという状況である。また、広告掲載によるスマートフォン・コンテンツの収益強化はメディア企業の大きな課題となっており、ユーザーに嫌悪感を抱かれにくい高い表現力を持ち、高反応が期待できる広告商品へのニーズが高まっている。

    こうした状況に鑑み、電通とアクセルマークでは、スマートデバイスの特性であるジャイロセンサー(角速度を探知する機能)、タッチスクリーン、加速度センサーなどと連動し、ブランド体験を高める多様かつ斬新な広告クリエーティブをタグ1本で配信できるサービス「BRAND SCREEN」を開発した。スマートフォンの機能を生かして、企業が伝えたいブランドストーリーが込められた広告を、掲載メディアやターゲットに合わせてコンテンツを組み替えて配信することが可能。 

    またユーザーは、メディア画面からシームレスにつながる広告によって、自然な形でブランドコンテンツを楽しめる。

    なお、広告コンテンツの掲載イメージは10月23日から以下のリンクで閲覧できる。

    http://dentsu-ho.com/articles/3198

    電通のクリエーティブ力や最先端のデジタルマーケティング知見と、スマートデバイス向けの広告配信を最適化できるアクセルマーク独自の配信技術を組み合わせることで、他に類を見ないブランド体験を可能にした。

    ブランドコンテンツの体験時間や実際のアクション数値を、広告クリエーティブや掲載方法の特色と総合して見ることで、クリックやコンバージョン率など従来の指標だけでは測ることができなかった体験を計測していく。

    なお、同社は既に国内有力メディア数十社から「BRAND SCREEN」の掲載に同意を得ており、引き続き掲載メディアの開拓を積極的に進めていく。

    ■「BRAND SCREEN」のロゴマーク

    <アクセルマークについて>

    ・社 名 :アクセルマーク株式会社(東証マザーズ上場:3624)

          http://www.axelmark.co.jp/

    ・所在地 :東京都中野区本町1-32-2 ハーモニータワー15階

    ・設 立 :1994年3月

    ・代表者 :尾下 順治(代表取締役社長)

    ・事業内容:モバイルゲーム事業、コンテンツ事業、広告事業

    ※1 「BRAND SCREEN」を支える技術一式は、アクセルマークにより特許出願済(特許出願番号:

    特願2015-159830号)。

    ※2 総務省「平成26年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」

    電通ニュースリリースhttp://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/1023-008420.html