loading...
MENU

パイロットがサンプリングイベント  七夕の願いは「アクロボール」でなめらかに

    2017/06/09

    パイロットがサンプリングイベント 

    七夕の願いは「アクロボール」でなめらかに

    パイロットコーポレーションは6月8日、東京・渋谷区のSHIBUYA109イベントスクエアで、油性ボールペン「アクロボール」のなめらかな書き味をPRするサンプリングイベント「~アクロボールで願いが叶いますように~ PILOTアクロボール Star Festival」を開催した。

    1カ月後の七夕にちなみ、神社をモチーフとしたステージには天の川や七夕飾りが描かれ、ゲストでタレントの磯山さやかさんは織姫、お笑いコンビ・U字工事の福田薫さんと益子卓郎さんは彦星、神主の衣装で登場した。

    益子さんは「東京に出てきて20年近く、まだまだ渋谷はドキドキする」と話し、「アクロボールにあやかって、なめらかに渋谷を歩けるようになりたい」と書いた短冊を披露。漫才のネタを忘れやすい福田さんは「なめらかな書き心地にあやかって、なめらかに漫才ができますように」、彼氏が欲しいと切実な悩みを打ち明けた磯山さんは「なめらかな恋愛ができますように」と、それぞれが願いをしたためた。栃木県出身のU字工事と、茨城県出身の磯山さんは「北関東つながり」ということで、アクロボールを題材に「謎掛け 北関東対決」を行うことに。

    先攻の福田さんは「アクロボールとかけて青果店で大バーゲンと解きます。そのこころは…書きやすくて(柿、安くて)最高です」と、芸人らしい本格的な謎掛けを披露したものの、拍手もなく静まり返った会場の反応に困惑した表情。後攻の磯山さんが「U字工事さんのトークとかけてアクロボールと解きます。そのこころは…アクロボールの方がなめらかです」と皮肉を込めた謎掛けを発表すると、U字工事は「たしかに(アクロボールは)なめらかだから、オイオイ!とも言えないよ」と苦笑い。審査の結果、対決は磯山さんが勝利した。
    3
    人は、イベント広場を訪れた一般客向けのサンプリングにも参加。来場者がアクロボールで願いを書いた短冊は後日、栃木県の足利織姫神社に奉納される予定だ。
    公式サイト:
    http://www.pilot.co.jp/products/pen/ballpen/oil_based/acroball/