loading...
MENU

三菱地所が横浜のランドマークの周年記念にショートフィルムを公開! 不思議な会話のヒミツとは…?

    2018/06/21

    三菱地所が横浜のランドマークの周年記念にショートフィルムを公開!
    不思議な会話のヒミツとは…?

    三菱地所が横浜エリアで所有する商業施設とホテルの、スカイビル(50周年)、ランドマークプラザ(25周年)、横浜ロイヤルパークホテル(25周年)、MARK ISみなとみらい(5周年)の4施設が、2018年にそろって5のつく周年を迎えた。

    ランドマーク

    同社はそのアニバーサリー作品としてショートフィルム「4つのお祝い」を制作し、6月21日にYouTubeの公式チャンネルで公開した。

    ポスター

    監督・脚本を手掛けたのは、映画「南極料理人」や今年の5月に公開された「モリのいる場所」の他、Netflixドラマ「火花」などで知られる沖田修一氏。

    監督
    監督の沖田修一氏

    ショートフィルムは、家族のように見える4人がケーキにたくさんのロウソクを飾るシーンから始まる。

    仲の良い家族が誕生日祝いの準備をしているようだが、その会話は「私は一度生まれ変わっているんだ」「生まれた日に大行列ができた」など、どこかミステリアス。

    実は、登場人物たちは、横浜の三菱地所の4つの施設を擬人化したユニークな役どころだ。

    50 周年を迎えるスカイビル役には同い年の古舘寛治さん、高層のランドマークプラザ役には身長183センチと長身の中島歩さん、横浜ロイヤルパークホテル役は桜井ユキさん、MARK ISみなとみらい役は中村研人くんと、施設をイメージした俳優を起用した。

    4人

    撮影は、実在の民家を借りてロケを行い、小道具の多くはその家の物を使うなど細部にまでこだわったリアリティーのある映像は必見。

    合計105本ものロウソクが揺れる幻想的な世界観の中で、それぞれの施設の目線で横浜の思い出を語るという、少し不思議で歴史まで感じさせてくれるストーリーに仕上がっている。

    シーン

    【WEB動画URL】
    https://youtu.be/Z6Enb5K5Lmg