loading...
MENU

グランプリは、「おっさんずラブ」 「東京ドラマアウォード 2018」発表

    2018/10/26

    グランプリは、「おっさんずラブ」
    「東京ドラマアウォード 2018」発表

    国際ドラマフェスティバル in TOKYO 2018のメインイベント「東京ドラマアウォード2018」の授賞式が10月25日、港区の東京プリンスホテルで開催された。同アウォードは「世界に見せたい日本のドラマ」というコンセプトの下、市場性や商業性にスポットを当て、作品とその制作に関わる人々を表彰する賞で、今年で11回目となる。

    フェスティバル実行委員会の大久保好男委員長(民放連会長)は、「日本のドラマは、放送コンテンツの中でも海外展開に適している。日本の成長戦略の重要な柱となる可能性を秘めているが、韓国や欧米と比べ、まだ開拓の余地がある。日本が一日も早くドラマ大国と呼ばれることを目指す」と開会を宣言した。

    主演女優賞には、TBSテレビ「アンナチュラル」に出演した石原さとみさんが選ばれた。「心から尊敬する監督と、何度読んでも心から面白いと思える台本のおかげ。主役としてこのドラマに関われたことを誇りに思う」と語った。

    主演男優賞を受賞したテレビ朝日「おっさんずラブ」の田中圭さんは「共演者の体当たりの感情を、とにかく全て受け止めることを心掛けた」と振り返った。司会の石坂浩二さんは「テーマとして難しいはずなのに、主人公の感情を細やかに演じ、感情を笑いで包んで伝えられていた」とコメントした。

    作品賞・単発ドラマ部門グランプリには、NHKの「眩(くらら)~北斎の娘~」が選ばれた。北斎好きという石坂さんは興奮気味で「主演の宮﨑あおいさんの陰影のある演技と、あっと思わせる画角や色使い、4K技術を駆使した表現力が素晴らしかった」と、宮﨑さんや制作陣をたたえた。

    作品賞・連続ドラマ部門グランプリは、テレビ朝日「おっさんずラブ」が受賞した。企画のユニークさに加え、難しいテーマに真摯に向き合い、人間の愛という本質的なものに迫ったと評価された。制作陣は「男性同士の恋愛ドラマをつくろう、とは思わなかった。毎週楽しみになる、ピュアな恋愛ドラマを目指してきた」と語った。

    TBSテレビ「アンナチュラル」は作品賞・連続ドラマ部門に加えて主演女優賞、脚本賞、演出賞、特別賞、主題歌賞も受賞し、6冠を達成。脚本を担当した野木亜紀子さんは「エンタメとしてのドラマと、法医学としてのリアルを、どれくらいのあんばいで見せていくかが難しかった」と話した。

    菅康弘・選考副委員長(NHK理事)は「ドラマコンテンツの流通は多様化している。日本のドラマは、海外でもヒットすると確信している」と締めた。

     

    公式サイト:https://j-ba.or.jp/drafes/award/index.html