loading...
MENU

【募集告知】格闘家青木真也氏×電通コピーライターによるイベント「ストロング本能」

    2019/07/11

    【募集告知】格闘家青木真也氏×電通コピーライターによるイベント「ストロング本能」

    電通デザイントーク事務局は、7月18日、著書『ストロング本能 人生を後悔しない「自分だけのものさし」』を刊行した格闘家の青木真也氏を招き、電通のクリエーター・橋口幸生氏とのトークイベントを汐留の電通ホールで開催する。

    本イベントに、一般観覧希望者(先着50人)を募集する。応募方法は本記事末尾を参照。

    格闘家と広告ビジネス、何の関係が?と一瞬思うかもしれませんが、
    マス広告にばかり頼れない、デジタル、グローバル、さまざまな荒波にもまれる広告業界において、「自分は何を目指せばいいのだろう?」と迷路にはまり込む人も、特に若者では多いのではないでしょうか?

    今回は青木さんの格闘家としてのメンタルとフィジカル、闘い続けるための生活習慣のあり方を伺い、どんな時代であろうと「自分だけのものさし」を持つことの大切さ、そしてつくり方を学びます。
    広告業界も、長くモチベーションを保ち働くにはまず人間力!困難にこそ立ち向かう、勇気をもらうセッションです。

    ■青木真也氏のプロフィール
    1983年生まれ。格闘技選手。

    ■青木真也氏の「ひとことメッセージ」
    23歳で格闘技で生きていくと決意しました。
    あれから10数年がたちますが、体力も思い切りも格段に落ちました。
    格闘技で生きていくためには、格闘技以外のことを学ぶ重要性を感じています。
    必死に生きてきました。それだけは誇れます。必死に生きてきた言葉を持っていきます。

    ■著書名
    『ストロング本能 人生を後悔しない「自分だけのものさし」』(KADOKAWA)

    ■橋口幸生氏のプロフィール
    コピーライター。

    ■橋口幸生氏の「ひとことメッセージ」
    「すべての人は戦っているんですよ。格闘技選手だけじゃなくて」
    初めてお会いした時、青木選手が言っていたことが、ずっと頭から離れないでいます。
    広告の世界でどう生き抜けばいいのか?人生という戦いにどう臨めばいいのか?
    青木選手の話から、自分だけの「ストロング本能」をつくるヒントをもらいたいと思います。

     

    【イベント詳細・応募方法】
    電通デザイントークvol.185 「ストロング本能」 青木真也@電通
    ■日時:2019年7月18日(木)13:30~15:30 
    ■会場:電通本社ビル1階 電通ホール
    ■主催:電通デザイントーク事務局
    ※募集を締め切らせていただきました。たくさんのご応募ありがとうございました。

    【個人情報の取扱い】
    ご提供いただいた個人情報は、本イベントの運営に必要な範囲内で、当事務局を運営する株式会社電通及び株式会社電通ライブが利用します。ご提供いただいた個人情報は、第三者に開示せず、利用する必要がなくなった場合には遅滞なく消去します。