loading...

    2021/02/02

    【参加者募集】「旅と学びの協議会」が2月16日にシンポジウムをオンライン開催

    旅と学びの協議会」(事務局:ANAホールディングス)は、シンポジウムを2月16日にオンラインで一般公開する。「ポストコロナの旅と不便益」をテーマにした基調講演や、第1期の活動紹介が実施される。

    「旅と学びの協議会」ロゴ

    「旅と学びの協議会」は2020年6月、ANAホールディングスが有識者と共に設立。教育工学・幸福学・観光学の視点から旅の効用を科学的に検証し、旅を次世代教育の一環として活用することを提言する。第1期会員として26の企業、教育機関、自治体などが参加し、10月から「旅の教育プログラム開発」「旅に関するデータの科学的検証」「協議会の活動の発信」などを実施している。

    協議会には、有識者のコアメンバーとして、立命館アジア太平洋大学(APU)の出口治明学長、東京学芸大学大学院の小宮山利恵子准教授/スタディサプリ教育AI研究所長、慶應義塾大学大学院の前野隆司システムデザイン・マネジメント研究科教授、駒沢女子大学観光文化学類の鮫島卓准教授が参加する。


    「旅と学びの協議会」 シンポジウム(オンライン)開催概要
    ■日時:2月16日(火) 16:00~18:00
    ■申し込み:「旅と学びの協議会」サイトからお申し込みください。
          https://ana-conference.com/
    ■費用:無料

    <実施内容>
    ・実施目的について(事務局)
    ・開会のあいさつ(理事・小宮山利恵子氏)
    ・基調講演「ポストコロナの旅と不便益」(アドバイザー・鮫島卓氏)
    ・各テーマの取り組みについて (各グループから)

    新規CTA
    新規CTA