loading...

    2021/01/19

    スポーツとクリエイティビティーを融合するNewsPicksとのコラボ番組「WORLD SPORTS CREATIVITY SESSIONS」をオンラインで配信

    World Sports Creativity Sessions 実行委員会は、1月23 、24の両日、NewsPicksとのコラボ番組「WORLD SPORTS CREATIVITY SESSIONS」をオンラインで配信する。

    NewsPicksとのコラボ番組「WORLD SPORTS CREATIVITY SESSIONS」

    同WSCSは「UNITE」をテーマに、東京2020大会に向けて、スポーツと人の創造性が融合することで生まれる新しい価値について、スポーツとデザイン、アート、建築、テクノロジー、ビジネスなど幅広いクリエイティブ分野を代表するトッププレーヤーたちが集い、議論し、発信する、国際カンファレンス・イベント。

    スポーツ庁の室伏広治長官がオープニングセッションに登場し、21年のスポーツ庁の取り組みを語る他、海外からもオリンピックで10 個のメダルを獲得した元陸上競技選手のカール・ルイス氏や、海外の現役選手からのメッセージが予定されている。

    「WORLD SPORTS CREATIVITY SESSIONS」出演者(一部)
    左から、室伏広治氏、中村英正氏、カール・ルイス氏、廣瀬俊朗氏、太田雄貴氏

    【出演者】(一部、敬称略)
    ・室伏 広治 (スポーツ庁長官)
    ・中村 英正(東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会GDO)
    ・カール・ルイス(元陸上選手・現陸上コーチ)※VTR出演
    ・廣瀬 俊朗(一般社団法人スポーツを止めるな共同代表/株式会社HiRAKU 代表取締役)
    ・太田 雄貴(公益社団法人日本フェンシング協会会長/国際フェンシング連盟副会長)

    【セッションテーマ】
    ■1月23日配信セッション
    ① 20時/Opening Session -オープニングセッション-
    ② 20時30分頃/Giving Back to Sports -次世代に投資・奉仕するトップアスリートたち-
    ③ 21時頃/The Modern Arena -スポーツを包み込む「場」のこれから-
    ④ 21時30分頃/Fan Engagement -スポーツにおけるファンエンゲージメント-
    ⑤ 22時頃/How Sports Inspire Artists -感性を刺激するスポーツの力-

    ■1月24日配信セッション
    ⑥ 20時頃/What Business Can Learn from Sports -ビジネスがスポーツから学べること-
    ⑦ 20時30分頃/Connecting Audiences Through Technology -テクノロジーが変えるスポーツ観戦の未来-
    ⑧ 21時15分頃/Inclusivity on and off the Field -スポーツを通じた「共生社会」の実現-
    ⑨ 22時頃/Closing Session -クロージングセッション-

    イベントの詳細、セッション・登壇者情報、視聴方法などは公式サイトをご覧ください。
    ■WORLD SPORTS CREATIVITY SESSIONS
    公式WEBサイト:https://wscs.tokyo


    【開催概要】
    主催    :World Sports Creativity Sessions 実行委員会
    共催    :国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)
    協力    :(公財) 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
           (公財) 日本オリンピック委員会
                  (公財) 日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会
    協賛    :Presenting Partner
             東武タワースカイツリー株式会社
             Supporting Partner
             日本電気株式会社(NEC)/日清食品ホールディングス株式会社
             日本航空株式会社/ヤフー株式会社
    放送日    :2021年1月23日、1月24日
    配信主体:NewsPicks Studios Twitterアカウント
              https://twitter.com/newspicksstudio?lang=en

    新規CTA
    新規CTA