loading...

    2021/09/29

    【参加者募集】「朝日地球会議2021 ~希望と行動が世界を変える~」 

    朝日新聞社は、10月17日(日)~21日(木)の5日間にわたり、国際シンポジウム「朝日地球会議2021」をオンラインで開催する。 
    今年は「希望と行動が世界を変える」をメインテーマに、一般の来場者を会場に招かず、オンライン配信のみのイベントとなる。  
    登壇者・プログラムの詳細や最新情報、視聴申し込みは公式サイトから。 

    <主催>朝日新聞社 <共催>テレビ朝日
    <特別協賛>旭硝子財団、アデランス、イオン環境財団、サントリーホールディングス、JT、台湾貿易センター
    <協賛>住友林業
    <特別協力>帝国ホテル、テレビ朝日映像
    <協力>グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン、日本マーケティング協会、朝日学生新聞社、CNET Japan、ハフポスト日本版
    <特別共催>国際交流基金日米センター、東京大学未来ビジョン研究センター
    <後援>文部科学省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省 

    「朝日地球会議2021 ~希望と行動が世界を変える~」開催告知

    ■主なセッションのテーマと登壇予定者(敬称略) 

    【10月17日(日)】
    ◇「のんさんと学ぶSDGs」
    のん女優・創作あーちすと)
    ◇「ポストコロナ時代の人類と社会~いま考える『新しい知』」
    マイケル・サンデル(米ハーバード大教授)/福岡伸一(生物学者)/長野智子(キャスター)*特別共催:国際交流基金日米センター
    ◇「宇宙探査と開発、未来のあり方はー」
    津田雄一 (はやぶさ2プロジェクトマネージャ)ほか
    ◇「子どもたちに残したい 私たちの家『地球』」
    市川海老蔵(歌舞伎俳優)/あん・まくどなるど(上智大大学院教授)/沖大幹(水文学者)

    【10月18日(月)】
    ◇「気候安全保障と地政学」
    亀山康子(国立環境研究所社会システム領域長)ほか
    ◇「せめて宇宙は始めから」
    岡田光信(アストロスケールホールディングスCEO)/篠原ともえ(デザイナー・アーティスト)/藤嶋昭(東京理科大栄誉教授)ほか
    ◇「新型コロナで逼迫した日本の医療を考える」
    忽那賢志(大阪大大学院教授)ほか

    【10月19日(火)】
    ◇「今、民主主義を一から考える」
    コリン・ウッダード(米歴史家)/宇野重規(東大教授)
    ◇「生き抜くためのシスターフッド 女性と政治の今と未来」
    ブレイディみかこ(ライター)
    ◇公開授業「デジタルネイチャー わたしって何?」
    落合陽一(ピクシーダストテクノロジーズCEO)ほか

    【10月20日(水)】
    ◇「アメリカはどこへ向かうのか」

    町山智浩(映画評論家)/能町みね子(文筆業)
    ◇「気候変動だけじゃない!」
    高村ゆかり(東大教授)ほか *特別共催:東京大学未来ビジョン研究センター
    ◇「台湾、デジタル、民主主義」
    オードリー・タン(台湾デジタル担当政務委員)

    【10月21日(木)】
    ◇「コロナ禍と文明」

    五箇公一(国立環境研究所生態リスク評価・対策研究室長)ほか
    ◇「大阪・関西万博 未来社会どう描く」
    堺井啓公(2025年日本国際博覧会協会広報戦略局長)ほか
    ◇「日本経済の新陳代謝」
    南場智子(DeNA代表取締役会長・経団連副会長)ほか
    ◇「『未来』に愛こそ注ごう 少しでもマシな世界のために」
    安宅和人(慶大教授)/能條桃子(NO YOUTH NO JAPANN代表理事)ほか

    新規CTA
    新規CTA