電車が来ると花粉が舞う!? 六本木駅でリアルタイム・ハクション・サイネージ

    2016/03/14

    電車が来ると花粉が舞う!?
    六本木駅でリアルタイム・ハクション・サイネージ

    桜の開花予報が気になる一方で、花粉症シーズンも真っ盛り。そんな中、都営大江戸線・六本木駅ホーム上のデジタルサイネージ「六本木ホームビジョン」では期間限定で「リアルタイム・ハクション・サイネージ」を展開し、花粉飛散予報などを伝えている。

    電通とヤフーが共同でリアルタイムコンテンツの配信実験を行っているもので、3月14日から20日までの7日間、楽しむことができる。

    リアルタイム・ハクション・サイネージ

    桜の開花情報を知らせるデジタルサイネージ。ビジュアルは、モデルの川口カノンさんとお笑いタレントの芋洗坂係長さんが桜を楽しんでいる映像の2バージョン。


    そこに、電車がホームに滑り込むと、開花情報が吹き飛び花粉が飛んできて、大きなクシャミを連発、花粉情報に入れ替わるという仕掛け。別々の情報を組み合わせて表示させることにより、「花粉に注意をしてお花見を楽しむ」など、生活者にとってより価値のある情報が提供可能になるという。


    同サイネージは期間中、ほぼリアルタイムで、「Yahoo!天気・災害」の「花粉指数」の他、「Yahoo!検索(リアルタイム)」で提供しているSNS上の「話題のワード」、「Yahoo!映画」で提供している六本木周辺の映画館の上映情報など、生活者の関心が高い旬なコンテンツを自動配信する。

    これまでのデジタルサイネージでは、あらかじめコンテンツを制作して事前に入稿作業を行わなければならないという課題があったが、今回、両社は独自のシステムを開発し、即時性が求められるコンテンツの自動放映を簡単に行えるようにした。

    詳細はこちら(電通ニュースリリース)。