「かんぽ Eat & Smile プロジェクト」 おいしい食事で、ココロもカラダも健康に

    2017/02/16

    「かんぽ Eat & Smile プロジェクト」

    おいしい食事で、ココロもカラダも健康に

    かんぽ生命保険は2月15日、東京・渋谷ヒカリエの THE THEATRE TABLEで、食を通じて健康なココロとカラダを作る取り組み「かんぽ Eat & Smile プロジェクト」のオープニングイベントを行った。

    同プロジェクトは2015年度にスタート。今年度は、約30人の食べ歩きの達人によるグルメブロガーユニット「食べあるキング」のメンバーや、料理研究家・栄養士の中山桜甫さんらが開発した健康的なオリジナルメニューを、「かんぽ Eat & Smile Cafe」(渋谷ヒカリエ11階)などで提供する。(2月26日まで)

    売り上げの一部が、フードバンクのセカンドハーベスト・ジャパンに寄付されるほか、かんぽ生命がマッチングギフトとして同額の寄付を行い、「子どもの食生活応援プロジェクト」の活動に役立てられる。

    冒頭、石井雅実社長は、「このプロジェクトはヘルシーでおいしいものを食べてもらい、笑顔でココロもカラダも元気になってもらうもの。素晴らしい料理が多いので、私も毎回楽しみにしている。ぜひ、皆さんにも楽しんでいただきたい」とあいさつ。ステージでは、元バドミントン日本代表の潮田玲子さんと、「食べあるキング」のメンバー・フォーリンデブはっしーさん、モデルの田中里奈さん、中山さんによるトークショーが行われた。

    「ザクロはじける!彩りチキンプレート」を考案した田中さんは、「見てキレイ、食べてキレイを実現し、女子が喜ぶひと皿を作った。ガッツリ食べたいが、ヘルシー面や美容効果も気になる欲張りな女子でも満足できる」と、SNSでも注目を集めるオシャレな要素まで盛り込んだ自信作だとアピール。

    はっしーさんは自身が考えた「フォトジェ肉!ローストビーフ丼」について、「インパクトを重視した。思わず写真を撮りたくなるフォトジェ肉(ニック)なメニュー。さっぱりと食べられる味はもちろん、肉の赤、バジルライスの緑、卵黄の黄色とカラフルな一品に仕上げた」と紹介した。

    「赤ピーマンのシフォンケーキ」を作った中山さんは、「赤ピーマンなどヘルシーな素材をじっくり焼いて甘さを出し、砂糖を30%カットした安心しておかわりできるスイーツ」とコメントした。

    トークを聞いていた潮田さんは「お腹がすいちゃいました。想像していたら、口の中がいろいろな味になってきて」と苦笑い。オリジナルメニュー試食すると、満面の笑みでおいしさを表現。「食べて元気になって、笑顔になるのことがいかに重要か、あらためて感じた。家での食事も、それを大切にしていきたい」と抱負を述べた。

    プロジェクトサイト:

    http://www.jp-life.japanpost.jp/aboutus/csr/shoku/