loading...

東京パラリンピック  開幕3年前でカウントダウンイベント

    2017/08/28

    東京パラリンピック 

    開幕3年前でカウントダウンイベント

    東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と東京都は、2020年東京パラリンピック開幕3年前となった8月25日、東京・江東区のアーバンドックららぽーと豊洲で、カウントダウンイベント「みんなのTokyo 2020 3 Years to Go!」を実施した。

    開催に先立ち、小池百合子都知事や組織委の武藤敏郎事務総長、鈴木俊一東京大会担当相、パラアスリートらが、打ち水をして涼を楽しんだ。
    小池知事は「この豊洲周辺では、多くのパラリンピック競技が行われる。東京をセーフシティー、ダイバーシティー、スマートシティーにしていきたい。そして、障がいの有無や年齢に関係なく、皆が参加できる大会を目指す。今日は3年後を想像しながら楽しみましょう」とあいさつした。

    鈴木担当相は「これからの3年間は、障がいや障がい者に対する考え方、社会の在り方を新しいステージに引き上げる期間になると思う。また、復興オリンピック・パラリンピックという視点も持ち続けていきたい」と述べた。
    国際パラリンピック委員会のフィリップ・クレーブン会長は「多くの人が大会を楽しめるように、東京のアクセシビリティーに対する整備・改善が進んでいることをうれしく思っている」とビデオメッセージを寄せた。

    登壇者、来場者が共にラジオ体操で体をほぐした後、ステージではパラリンピック競技のデモンストレーションが行われた。5人制サッカー日本代表の加藤健人選手が、華麗なドリブルを披露し、シュートを決めると会場から大きな歓声が起きた。小池知事と鈴木担当相はサッカーボールの感触を確かめて「音だけを頼りに戦うのはすごい能力だ、ぜひ、メダルを期待してます」などエールを送った。
    パラ陸上メダリストの芦田創選手は、アスリートを代表して「大会までの時間を、最高の準備に充てて東京大会を迎えたい。皆さんも一緒に盛り上がりましょう」と決意を語った。

    セレモニー後、8人のパラアスリートが参加して、アスリートのパフォーマンスを動画で紹介するコーナーやクイズ、トークショーなどステージイベントが開かれた他、ブラインドサッカーの体験コーナーも設置され、多くの子どもらが参加した。