loading...
MENU

電通グループ、「スパイクス アジア2017」において「エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」など多数受賞

    2017/10/05

    電通グループ、「スパイクス アジア2017」において「エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」など多数受賞

    10月05日に配信された電通ニュースリリース文面は以下の通りです。


    2017年10月05日

    電通グループ、「スパイクス アジア2017」において「エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」など多数受賞

    9月27日から29日、シンガポールで開催された「スパイクス アジア2017」(※)(Spikes Asia 2017)において、電通は「エージェンシー・オブ・ザ・イヤー賞」を受賞したほか、新設の「カントリー・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー賞」に電通グループとして4カ国(日本、インド、フィリピン、マレーシア)のエージェンシーが選ばれました。また、電通グループは「ネットワーク・オブ・ザ・イヤー賞」でも第2位に選ばれました。各部門では、電通がイノベーション、タプルート電通(所在地:インド・ムンバイ市)がインテグレーテッドで最高賞のグランプリを受賞したのをはじめ、グループで合計71個の賞(グランプリ2個、ゴールド5個、シルバー26個、ブロンズ38個)を獲得しました。

    エージェンシー・オブ・ザ・イヤーの受賞シーン
    エージェンシー・オブ・ザ・イヤーの受賞シーン

    当社グループの各部門における受賞状況は以下のとおりです(数字は受賞数)。

    エージェンシー・オブ・ザ・イヤー:電通(日本)
    カントリー・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー:
     電通(日本)
     タプルート電通(インド)
     電通ジェイミーサイフー(フィリピン)
     アイソバー(マレーシア)
    ネットワーク・オブ・ザ・イヤー(2位)電通
    メディア・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー(3位)dentsu X(フィリピン)

    デザイン: (シルバー2、ブロンズ5)
    デジタル: (シルバー2、ブロンズ5)
    デジタルクラフト: (シルバー3、ブロンズ3)
    ダイレクト: (ゴールド1、シルバー4、ブロンズ4)
    エンターテインメント: (ゴールド1、シルバー2、ブロンズ2)
    フィルム: (シルバー1、ブロンズ3)
    フィルムクラフト: (シルバー1)
    ヘルスケア: (シルバー1、ブロンズ2)
    イノベーション: (グランプリ1)
    インテグレーテッド: (グランプリ1)
    メディア: (ゴールド2、シルバー4、ブロンズ1)
    モバイル: (ゴールド1、シルバー2、ブロンズ3)
    ミュージック: (シルバー1、ブロンズ1)
    アウトドア: (シルバー1、ブロンズ1)
    PR: (シルバー1、ブロンズ2)
    プリント&アウトドア・クラフト: (ブロンズ2)
    プロモ&アクティベーション: (シルバー1、ブロンズ4)

    以上


    ※スパイクス アジアは、アジア太平洋地域(APAC)における高いクリエーティビティーを讃えることを目的に、毎年9月にシンガポールで開催されるAPAC最大級の広告コミュニケーションフェスティバルです。
    応募作品はAPACで公開されていることが条件で、今年は合計23カ国・地域から全20部門に4,301作品のエントリーがありました。
    http://www.spikes.asia/home/

    電通ニュースリリース
    http://www.dentsu.co.jp/news/release/2017/1005-009371.html