loading...

東京オリンピック1000日前  日本橋でカウントダウンイベント

    2017/11/01

    東京オリンピック1000日前 

    日本橋でカウントダウンイベント

    東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、2020年の両大会のそれぞれ1000日前となる10月28日と11月29日の両日をつなぐ約1カ月間を「1000 Days to Go!」月間として、都内市区町村や全国の自治体、パートナー企業と協力し、さまざまなイベントを実施する。

    同28日には、東京・中央区の日本橋中央通り(室町3丁目交差点~日本橋北詰交差点)を車両通行止めにして、オリンピックカウントダウンイベント「みんなの Tokyo 2020 1000 Days to Go!」(主催=組織委、東京都)が開催された。
    オープニングセレモニーでは、「1」「0」「0」「0」の数字を掲げた4基の山車が、威勢のいい掛け声と共に練り歩いた。あいにくの雨模様の中、東京2020エンブレムの法被を着て山車を担ぐ200人以上の地元関係者と、それを先導するオリンピアン、歌舞伎役者の市川海老蔵さんに沿道からは大きな声援が送られた。

    会場周辺では、三井不動産によるシティドレッシングも実施

    東京都の小池百合子知事は「1000日前を皆さんと喜びたい。この1カ月間、多くのイベントが開かれる。たくさんの人と一緒に、ワクワクしながら盛り上げていきたい」とあいさつした。
    鈴木俊一担当相は「大会成功の鍵は、国民の皆さんに観客としてだけではなく、ボランティアなどで大会に関わってもらうことだ。政府も関係団体と共に努力する」と述べた。
    ステージでは登壇者全員による除幕で、残り日数を表示する「デーカウンター」が披露された。今後、カウンターは東京都庁に設置され日数を刻む。
    海老蔵さんとオリンピアンは、現在実施中の「わたしの参加宣言キャンペーン」(https://dentsu-ho.com/articles/5567)にのっとり、東京大会にどのように関わりたいかを発表した。

    会場では、「スケートボード」や「BMXフリースタイル」「3×3バスケットボール」のデモンストレーションが、それぞれのアスリートにより行われ観衆を楽しませた。
    また大会パートナー企業や関連団体がブースを出展し、グッズプレゼントやプロジェクトの紹介、スポーツクライミング体験などを行った。

    「1000 Days to Go!」サイト:
    https://tokyo2020.jp/jp/special/1000daystogo/