loading...

100万個のケーキが当たる コカ・コーラのリボンボトル

    2017/12/06

    100万個のケーキが当たる
    コカ・コーラのリボンボトル

    日本コカ・コーラは10月、2016年に好評を博した“リボンボトル”を、オリジナルケーキがもらえる当たりくじ付きに進化させて発売。12月5日、コカ・コーラウィンターキャンペーン2017のテーマ「一年の感謝をこめて“リボンボトル”で“オドロキ”を贈ろう!」の下、東京・港区のベルサール六本木でPRイベントを開催した。

    リボンボトルは「コカ・コーラ」「同ゼロ」に、今年から新たに加えた「同ゼロカフェイン」の全3種。ラベルをはがしてテープを引くだけで、華やかなリボン付きのボトルに早変わりする。ラベルとリボンのデザインをリニューアルし、さらに華やかさを増した。

    会場には、コカ・コーラの顔としても活躍する女優の綾瀬はるかさんが駆け付けた。

    綾瀬さんは、リボンボトルの3色を使い、大きな「リボン」をポイントとしたクリスマスシーズンにぴったりのドレスを着て登場。新発売のボトルを見て、「より華やかになって、より選択肢も増えて、うれしい」と笑みをこぼした。

    今年は、ボトルラベルのテープを引いて「アタリ」の文字と番号が出ると、パティシエの辻口博啓氏監修による“オドロキ”の「ハーフ&ハーフケーキ」が当たる。当選本数は、全国で合計100万本。「じっくり焼き上げたやさしい甘さのバウムクーヘン」「3種のチョコを使ったチョコレートケーキ」「チーズ風味が口に広がるしっとりチーズケーキ」の3種から選んだ2種のケーキをハーフ&ハーフで組み合わせ楽しむことができる。綾瀬さんは「当たるまで飲み続けちゃいそう」と、いたずらな表情を見せた。

    続いて、綾瀬さんが“リボンボトル”の作り方を披露。ラベルをはがすと「リボンボトルは、ラベルの裏までかわいいリボン柄です」とうれしそうに言った。1本目はハズレだったため、「もう1度だけ」と挑戦すると、2本目のラベルの裏を見た瞬間、綾瀬さんが喜びの表情に。

    「アタリです!」と叫び、100万本のうちの1本を引いた、綾瀬さんの運の良さに会場からも拍手が起こった。

    綾瀬さんは、感謝を伝えたい人へのメッセージを求められると「お母さん、ありがとう」と達筆を披露。「どんなに仕事から帰るのが遅くなっても、必ずメールで『お帰り』『お疲れさま』と連絡をくれる。大変な時に話を聞いてくれたり、お母さんはいつも頑張れるベースを作ってくれる」と、はにかみながら話した。

    また、“今年の漢字”を問われると、ためらうことなく「礼」と書き上げ、「今年は、いろいろな作品に挑戦させていただいて、とても充実していた。新しいチャレンジもたくさんできたし、新しい自分を発見できた。携わった作品や、スタッフの方々に感謝の気持ちを伝えたい」と語った。

    ボトルのリボンで作った巨大リボンを見て「ゴージャス!たくさん集めたい」と声を弾ませ、「恥ずかしくて言いにくい『ありがとう』も、リボンボトルと一緒に伝えてみてほしい」と話した。

    10月30日に放送を開始した新CM「リボンボトル 2017」編では、サンタクロースに代表される「クリスマスを支える人」に感謝の気持ちを込めてリボンボトルを贈るシーンを描いている。

     

    公式サイト:http://www.cocacola.jp/gateway/campaign/ribbon/