loading...
MENU

東京2020マスコット「ア」案に決定! 次はネーミングに注目

    2018/03/01

    東京2020マスコット「ア」案に決定!
    次はネーミングに注目

    東京2020組織委は2月28日、2020年東京大会公式マスコットについて、投票結果の発表会を東京・品川区の区立豊葉の杜学園で開催した。

    2017年8月に実施したデザインの一般公募には、10~80歳代の幅広い世代から2000件を超える応募があり、審査会などを経て最終候補を3案まで絞り込んだ。
    マスコットは、3案の中から全国の小学生がクラス単位で行う投票で決める方法が採られた。

    関連記事:全国の小学生が選ぶ! 東京2020大会マスコット候補案発表[2017.12.08]
     

    今年2月22日に締め切られた投票には、特別支援学校や海外の日本人学校も含めた約1万7000校/約20万6000クラスが参加し、注目度の高さをうかがわせた。

    会場には、学園の児童約560人と報道関係者約300人が集まり発表を見守った。キャラクター大国で開催される大会のマスコット発表とあってか、海外メディアの姿も目立った。

    組織委の森喜朗会長は児童に向けて「これから発表されるマスコットは、国内に限らず世界中に発信される。その投票を行った君たちは、これまでにないすごいことをやったんだと思ってほしい。2020年大会には約800万人の訪日客が想定される。これからも、ぜひ大会に協力してください」と話した。

    ステージには、マスコット審査会の宮田亮平座長(文化庁長官)と生駒芳子副座長(ファッション・ジャーナリスト)、審査会メンバーでタレントの中川翔子さん、代表児童が登壇。
    会場が一体となったカウントダウンで各案の得票数が明かされると、児童たちから大きな歓声が起きた。結果は「ア」案が約11万の最多票を獲得し、公式マスコットに決定した。
    作者は、福岡県在住のキャラクターデザイナー・イラストレーターの谷口亮氏で「驚きで頭が真っ白だ。大好きな奥さんに報告したい」とコメント。
    谷口氏には、表彰状やトロフィー、3Dマスコットが贈られた。

    記者会見で、組織委の古宮正章副事務総長は「素晴らしいデザインに決まり喜ばしい。作者に敬意を表し感謝したい」と述べ、生駒副座長は「児童たちには、今回の投票経験で“参加することに意義がある”というオリンピックの精神を感じてもらえたのではないか」と話した。

    谷口氏は、マスコットついて「リオオリンピックのフラッグハンドオーバーセレモニーを見て、近未来と日本らしさをイメージして作った。これからアニメーションなど、さまざまに展開されるのを楽しみにしている」と語った。

    審査会では、今後ネーミングについて議論を重ね、夏ごろには発表したいとしている。

    特設サイト:
    https://tokyo2020.org/jp/special/mascot/