loading...
MENU

【参加者募集】電通デザイントーク「クリエーティブコミューン『Whatever』ってなに?」

    2019/08/15

    【参加者募集】電通デザイントーク「クリエーティブコミューン『Whatever』ってなに?」

    電通デザイントーク事務局は8月20日に汐留の電通ホールで、「Whatever」の川村真司氏と富永勇亮氏を招き、トークイベント「クリエーティブコミューン『Whatever』ってなに?」を開催する。

    本イベントに、ウェブ電通報読者から観覧希望者(先着50人)を募集する。応募方法はこちらを参照。

    ■事務局より
    「PARTY NY/ PARTY Taipei」の川村真司氏と、「dot by dot」の富永勇亮氏が今年から、「Whatever」という新会社を立ち上げ(「PARTY NY/ PARTY Taipei」」「dot by dot」は「Whatever」としてグループ化)、新しい「つくり方」を模索しています。広告などの表現はもちろん、自社コンテンツやプロダクトなどのものづくりや、空間設計など新しい体験のプロセスまで、「考えてつくる」ということを突き詰め、アウトプットし続けてきたお二人ですが、「Whatever」設立を機に、つくる仲間の組み方や、それをどうグローバル&ローカルに展開していくかなど、いろいろ新しい工夫があるようです。それぞれ強力なクリエーティブコンテンツを生み出してきたお二人の過去、現在の仕事を紹介していただきながら、未来にどのような仕事の仕方、表現の在り方、仲間のつくり方を目指しているのかを伺い、れぞれの才能を生かすクリエーティブなチームについて考えます。

    【イベント詳細・応募方法】
    電通デザイントークVol.187「クリエーティブコミューン『Whatever』ってなに?」
    ■日時:2019年8月20日(火)13:30-15:30
    ■会場:電通本社ビル1階 電通ホール
    ■募集人数:50人(先着順)
     ※8月19日(月)正午締め切り。
      なお、定員に達した場合はその時点で締め切りとなります。
    ■主催:電通デザイントーク事務局
    ■応募方法:必要事項を記載したメールを下記アドレスに送付してください。
     ope-dentsuho@dentsu.co.jp

    【必要事項】
    ・メールタイトル「電通デザイントーク vol.187参加申し込み」
    ・氏名と会社名(学校名)をメール本文にご記載ください。会社員・学生以外の方は職業(または無職)をご記載ください。なお、入場時は身分証が必須となりますのであらかじめご了承ください。
    *定員になる前に応募いただいた方には事務局よりご案内のメールをお送りします。8月19日(月)17:00までにご案内メールが届かない場合は、残念ながら定員の枠外となりますのでご了承ください。

    【個人情報の取り扱い】
    ご提供いただいた個人情報は、本イベントの運営に必要な範囲内で、当事務局を運営する株式会社電通及び株式会社電通ライブが利用します。ご提供いただいた個人情報は、第三者に開示せず、利用する必要がなくなった場合には遅滞なく消去します。

    ■川村氏のプロフィール
    Chief Creative Officer / Co-Founder
    Whateverのチーフクリエイティブオフィサー。Whatever合流前はクリエイティブ・ラボPARTYの共同創設者/エグゼクティブ・クリエイティブディレクターと同時にPARTY NYのCEOを兼任し全てのグローバルビジネスを担当。数々のブランドのグローバルキャンペーンをはじめ、プロダクト、テレビ番組開発、ミュージックビデオの演出など活動は多岐にわたる。カンヌ広告祭をはじめ数々の賞を受賞し、アメリカの雑誌Creativityの「世界のクリエイター50人」やFast Company「ビジネス界で最もクリエイティブな100人」、AERA「日本を突破する100人」などに選出されている。


    ■富永氏のプロフィール
    Producer / CEO
    2000年AID-DCC設立に参画、COOとして在籍、2014年dot by dotを設立。2018年からPARTY New Yorkのプロデューサーを兼務、2019年1月にグループ化、Whateverを設立、代表に就任。広告、インスタレーション、MV、IoT、ファッション、TV など様々なプロデュース活動を行い、カンヌライオンズ、SXSW、文化庁メディア芸術祭、The Webby Awardsなどを受賞。COTODAMA、“YUMMY SAKE”、BASSDRUMへ出資、社外取締役を兼務、コーワーキングスペースを運営するなど、クリエイター同士のゆるやかなネットワークをつくる事がライフワーク。