loading...
MENU

「国立競技場オープニングイベント」 「DREAMS COME TRUE」「嵐」が出演決定

    2019/11/13

    「国立競技場オープニングイベント」
    「DREAMS COME TRUE」「嵐」が出演決定

    日本スポーツ振興センター(JSC)は11月11日、新しく竣工する国立競技場を一般に披露するイベント「HELLO, OUR STADIUM」(12月21日:協賛=アシックスジャパン、日本コカ・コーラ、JR東日本、久光製薬、NTTグループ、日本航空、パナソニック、朝日新聞社、グーグル、復興庁、読売新聞社)での音楽カテゴリーの出演者について、日本を代表するアーティストの「DREAMS COME TRUE」と「嵐」の出演が決定したと発表した。


    イベントは「スポーツ」「文化」「音楽」の3カテゴリーで構成される。
    これまでに、陸上競技のレジェンドであるウサイン・ボルト氏をはじめとする世界の著名アスリートによる新しい形のレース「ONE RACE」や、太鼓芸能集団「鼓童」によるオープニングアクト、東北を代表する六つの祭りがひとつになった特別演舞の実施が決まっている。
    関連記事:https://dentsu-ho.com/articles/6954

    「DREAMS COME TRUE」は、国立競技場で音楽の単独公演をした数少ないアーティスト。デビュー30周年を迎えた2019年も全国ツアーを行い、壮大な演出や迫力のサウンド、美しい歌声でファンを魅了している。
    メンバーの、中村正人さんと吉田美和さんは「大切な思い出のある特別な場所に完成する新しい国立競技場で、アーティストとして尊敬し大好きな嵐さんと参加できるのは、名誉で大きな喜びだ。歴史的な一日が、皆さんにとって忘れられない瞬間になるよう“血湧き肉躍る”パフォーマンスを届けたい」とコメント。

    「嵐」は、ライブツアーやバラエティー番組出演などの他、個人でもドラマ・映画で主演するなど、圧倒的な存在感で精力的な活動をしている。国立競技場で最も多くの単独公演を行ったアーティスト。2020年5月には同競技場で、単独アーティストとして竣工後初のコンサートを開催する。
    メンバーの櫻井翔さんは「新国立競技場を見られる日を、一ファンとして楽しみにしていた。究極のエンターテインメントを長年追求しているDREAMS COME TRUEと共に出演できるのは、この上なく光栄だ。夢の舞台で夢の時間を過ごせる日を想像し、ワクワクしている」とコメントした。
    公式サイト:https://ourstadium.jpnsport.go.jp/