loading...

    2019/12/11

    ラグビー日本代表が感謝のパレード
    丸の内で5万人が熱狂

    ラグビーW杯2019日本大会で初のベスト8進出を果たし、日本中を熱狂させた日本代表選手が12月11日、東京・千代田区の丸の内仲通りで、応援に感謝するパレード「ラグビー日本代表ONE TEAMパレード ~たくさんのBRAVEをありがとう~」(主催=日本ラグビーフットボール協会 特別協賛=大正製薬、カンタベリーオブニュージーランドジャパン 特別協力=三菱地所)を実施した。
    (画像=© フォート・キシモト)

    パレードに先立ち、主将を務めたリーチ・マイケル選手は「W杯でのたくさんの応援に感謝している。会場で、街で、テレビで皆さんがBrave(勇気)を届けてくれた。日本中がOne Teamになれたことがうれしい。日本のラグビーがさらに強くなれるよう、ファンと共に頑張っていく」とあいさつした。

    昼過ぎに始まったパレードには、代表選手28人が参加。ユニホームではなく、シックなスーツに身を包んだ選手たちは5グループに分かれ、丸の内仲通りの約800メートル(有楽町電気ビル前~丸ビル前)を、40分ほどかけて徒歩で進んだ。
    沿道には、開始前から立錐の余地がないほどの観衆(約5万人)が詰め掛け、選手たちに思い思いに声援を送った。選手も笑顔で手を振る中、田中史朗選手は感動からか、スタートからゴールまで終始涙ぐんでいた姿が印象的だった。

    パレード後、選手たちは「夢のようだ」など、観衆の多さへの驚きと感謝を述べるとともに、日本ラグビーを盛り上げるため、引き続きの応援を願った。