loading...

    2020/03/03

    「クラフトボス」新テレビCM
    個性派3人が入社で、ワンチーム誕生
    (メーキング動画あり)

    サントリー食品インターナショナルは3月3日、コーヒー飲料「クラフトボス」シリーズの新ラインアップ「クラフトボススペシャルティ微糖」を発売し、同日から、新テレビCM「新しい風・ブレンド」編を放送している。
    「クラフトボス」シリーズは、コンセプト「新しい風が、吹いた。」の下、仕事中などに時間をかけてゆっくり味わう、新しいスタイルの飲み方を提案。
    シリーズCMでは、とあるIT企業のオフィスで働く堺雅人さんが、テレワークや卓球台の設置、社員総出のフォークダンス、こたつの導入など、従来の勤務スタイルや価値観では測れない発言や行動=「新しい風」に遭遇する姿を、個性豊かなキャストで表現している。

    新CMでは、レギュラー陣の堺さんや、成田凌さん、杉咲花さん、トミー・リー・ジョーンズさんらに加え、新人役として社会学者の古市憲寿さん、お笑い芸人のりんごちゃん、俳優・寺田心くんの3人を起用した。

     

    3人は、入社したてにもかかわらず、打ち合わせや会議で、物おじせずに堂々と振る舞い、歯に衣着せぬ物言いで正論を述べるなど、早くも異彩を放つ。堺さんは、3人の個性派過ぎる言動を目の当たりにして軽いショックを受ける。が、年齢や性別だけでなく、見た目も性格もバラバラな人たちの能力をうまく引き出し、それぞれが力を合わせる=ブレンドされることで、スペシャルな集団になることもあると理解を深める。
    個性際立つ5種類のコーヒーをブレンドし、特別な味わいを実現した「クラフトボススペシャルティ微糖」を訴求している

     

    同僚と「ヤダー、でも…」とかわいらしく話していたりんごちゃんの声が、突然「炎上なんか気にしなくていいっしょ」と野太い声に変ったり、心くんが先輩社員に「子どもじゃないんですから、駄々こねるのはやめましょうよ」と優しく諭したり、古市さんが「部長のご意見、正しいだけで全然面白くないですね」と指摘する場面や、そろいのラグビージャージを着て、ワンチームになったかに見える3人が仕事を押し付け合うシーンが笑える。

    商品サイト:
    https://www.suntory.co.jp/softdrink/craftboss/

    新規CTA
    新規CTA