loading...

    2020/03/05

    東京2020オリンピック・パラリンピック
    「動くスポーツピクトグラム」を制作 (コンセプト動画あり)

    東京2020組織委は、東京2020スポーツピクトグラムの発展形として、“動くスポーツピクトグラム”(オリンピック:33競技50種類、パラリンピック:22競技23種類)を制作した。
    (映像=©Tokyo 2020)

     

    スポーツピクトグラムは、1964年東京大会で、世界中から来日する観客に言語を問わずに競技を識別してもらうため、史上初めて誕生した。動くスポーツピクトグラムは、それをさらに発展させ、最もイノベーティブな大会とすべく制作された。
    単に各競技の動きを反復させるのではなく、すでに存在する静止画のピクトグラムをダイナミックに表現するため、「出現」と「消失」の動きを静止画の前後に加えることをパターンにしている。
    同ピクトグラムは、大会会場や、各競技の中継映像などで使用される予定だ。

     

    開発デザイナーの井口皓太氏は「すでにデザインされた躍動感のあるピクトグラムに動きを加えることで、各競技の魅力をさらに美しく伝わりやすく進化させるためにはどうしたらよいか。1年以上かけ、ようやく完成させることができた。これが大会本番を彩り、新たなレガシーとして次大会へ受け継がれ、さまざまな国の映像デザイナーのバトンになることを願う」とコメントした。