loading...

    2020/03/27

    「Honda」シビック×エヴァンゲリオン
    コラボプロジェクト始動!

    本田技研工業は3月23日、1月にマイナーチェンジしたシビック ハッチバックと、6月に新作映画が公開されるアニメ「エヴァンゲリオン」シリーズとのコラボを発表し、特設サイト(https://www.honda.co.jp/CIVICEVA/)を開設した。
     

    エヴァンゲリオンは、1995年にテレビシリーズ「新世紀エヴァンゲリオン」の放送が始まり、コミック・映画・ゲームなどさまざまなメディアに展開し、社会現象となった。2007年からは「エヴァンゲリオン新劇場版」シリーズでの、時代性を捉えたキャラクターや、ミステリアスなストーリーが、若者を中心に受け入れられている。また、斬新でスタイリッシュな映像表現は、一般の視聴者だけでなく、多くのクリエーターに影響を与えている。
    6月27日には「シン・エヴァンゲリオン劇場版」が公開される。

     一方のシビックは1972年、“世界中のあらゆる人のベーシック・カーに”との思いを込めて発売された。車名は英語で「市民の」「都市の」という意味。
    当時、話題になった新鮮なフォルムで登場して以来、世界中で走り続けている。2020年1月、セダンと同時にモデルチェンジし、デザインの進化などと共に、安全運転支援システムを標準装備した。

    コラボプロジェクトは、シビックの“立ち止まることなく進化する”というメッセージを、25年たっても進化し愛され続けるエヴァンゲリオンシリーズと重ねることで、“自分の想いで自由に動きたい、そんな前を向いて進む人たち”へ、同車の魅力を伝えようと企画された。
    サイトトップでは、シリーズの世界観を表現した謎のカウントダウンが進行中で、タイマーがゼロになった時に何が起こるのか注目されている。また、シリーズに登場するシンジ、アスカ、レイがシビックと共演するオリジナル動画も制作中で、キャンペーン中はハッシュタグ「#シン・アオヤマ作戦」「#シン・シビック」とともに、特設サイトを中心にコラボコンテンツが順次公開予定だ。