loading...

    2020/06/11

    富山県に見る、コロナ対抗策
    団体やメディアがプロジェクト、キャンペーンを展開

    昨今のコロナ禍による生活の変化で、自粛疲れなどが浮き彫りになる中、多くの企業・団体やメディアが、それに対抗するさまざまなプロジェクト、キャンペーンを立ち上げている。ここでは、富山県の事例を紹介する。


    「Think at home いまだからこそじっくり未来を考えよう」

    富山の市街地活性化を推進するTOYAMATOは5月、県の未来に向けたプロジェクト「Think at home いまだからこそじっくり未来を考えよう」を始動した。家で過ごす時間が増えた今だからこそ、STAY HOMEの次のフェーズを見据え、「未来」をどう捉えどう過ごすかを、各界の第一人者とともに考えるもの。

    ※「TOYAMATO」は、アトム、北日本新聞社、石川歩氏(プロ野球千葉ロッテマリーンズ)の3者が、2019年12月に設立した新会社。
    関連記事:https://dentsu-ho.com/articles/7091


    本プロジェクトは、富山の新しい未来づくりのための知を集積し、共有し、発信していくことが目的。家にいながら参加できるリモート会議に、未来を担う子どもたちを招き、さまざまなジャンルで活躍するスポーツ選手や著名人から、今の環境下での思いを聞き、共に未来を考える。
    スタートに当たり、県を代表するプロスポーツチーム・富山グラウジーズ(バスケットボール)とカターレ富山(サッカー)の所属選手らが参加し、それぞれのジュニアチームの子どもたちと語り合った。その様子は、公式YouTubeチャンネルで公開。北日本新聞では告知を掲載した。今後もアスリートや著名人に協力を募り継続する予定だ。

    TOYAMATO公式チャンネル
    https://www.youtube.com/channel/UCpF9N6cCKvSl8cg6gxfiOcQ

    Think at home_1
    北日本新聞 5月23、24日付紙面
    Think at home_2

    「クタベ画を描こう」キャンペーン

    北日本新聞社と電通西日本は5月30日、富山由来の妖怪「クタベ」の絵を描くことで、コロナ疲れを軽減し元気になってもらおうと、「クタベ画を描こう」キャンペーンを開始した。
    クタベとは、江戸時代に富山に現れた妖怪で、「これから原因不明の病が流行するが、自分の姿を絵にして飾れば難を逃れるであろう」と告げた、とされる。
    本キャンペーンでは、北日本新聞紙面で、広く一般からクタベ画を募集(6月30日締め切り)し、応募作の中から選ばれたクタベ画を同紙上で随時紹介する予定だ。
    募集紙面を飾った、妖怪漫画家の故水木しげるさんによるクタベの原画は、県内で大きな話題を呼んだ。全国的には、同様の妖怪として、「アマビエ」が有名になったが、キャンペーンにより、クタベも広めていきたい考えだ。

    【概要】
    応募方法:メールまたは郵送(詳細は下記まで)
    問い合わせ先: 北日本新聞社営業局「クタベ画を描こう」係
    電話番号: 076-445-3373
    メールアドレス:kutabe@ma.kitanippon.co.jp    
    詳細:https://webun.jp/pub/ad/2020/kutabe/boshu_kutabe.pdf

    クタベ画を描こう
    北日本新聞 5月30日付紙面
    新規CTA
    新規CTA