loading...

電通、フランスの有力ウェブ・アナリティクス会社「ワサビ社」の株式100%取得で合意

    2016/09/27

    電通、フランスの有力ウェブ・アナリティクス会社「ワサビ社」の株式100%取得で合意

    9月27日に配信された電通ニュースリリース文面は以下の通りです。


    2016年9月27日

    電通、フランスの有力ウェブ・アナリティクス会社「ワサビ社」の株式100%取得で合意

    株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:石井 直、資本金:746億981万円)の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、フランスにおける当社グループのデジタル・プレゼンスを高めるため、同国の有力ウェブ・アナリティクス会社「Wasabi Analytics SAS」(本社:パリ市、CEO: Sébastien Manaches、以下「ワサビ社」)の株式100%を取得することにつき、同社株主と合意しました。

    デジタル広告の代表的な効果測定手法の一つに、サーバーのログ解析を行う「サーバーセントリック」があります。そしてサーバーセントリックは、広告配信サーバーのログ解析を行う「アドセントリック」と、ウェブサーバーのログ解析を行う「サイトセントリック」の2種類に大別されます。

    2010年に設立されたワサビ社は、主にウェブサーバーのログに基づくユーザーの行動分析、すなわちサイトセントリックに強みを持ち、独立系のアナリティクス会社としてはフランスで唯一の“Google Analytics Premium Authorized Reseller”(グーグル・アナリティクス・プレミアムの認定販売代理店)となっています。

    これまでフランスにおける当社は、アドセントリックに強みを持つグループ会社iProspect(アイプロスペクト)を中心にビジネスを展開してきましたが、株式取得後、当社はサイトセントリックに強みを持つワサビ社をiProspectのフランス拠点に組み込みます。

    これにより、顧客ニーズの高い分野である統合的なデータソリューションとデジタル広告の効果測定では、同国トップクラスのサービス提供が可能になり、当社グループのプレゼンスとビジネス基盤はより強固なものとなります。

    当社グループのメディア・コミュニケーション・エージェンシーであるCarat(カラ)が行っている世界の広告費成長率予測(2016年9月)によると、フランスにおけるデジタル広告費は2015年にテレビを抜き最大の広告媒体へと成長しており、2015年は前年比で5.5%増となりました。2016年、2017年もそれぞれ5.6%増、5.0%増と堅調な成長が続くと予測しています。

    なお、本件が当社の2016年12月期の連結業績に与える影響は軽微です。


    ※ iProspect(アイプロスペクト)は、デジタル・パフォーマンス・エージェンシーで、当社グループのグローバルネットワーク・ブランドの一つです。

     

    【ワサビ社の概要】
    社名:Wasabi Analytics SAS
    本社所在地:フランス・パリ市
    設立:2010年1月
    株主構成:株式取得後、電通イージス・ネットワーク 100%
    収益(Revenue):94万7,000ユーロ(約1.1億円)(2015年12月期)
    代表者:Sébastien Manaches(CEO)
     Georges Arnould (CTO)
    従業員数:9名
    事業内容:ウェブ・アナリティスクスのサービスを提供

    以上


    電通ニュースリリース
    http://www.dentsu.co.jp/news/release/2016/0927-009053.html