loading...

「PROJECT TOEI」 夏休みは燃料電池バスに乗って、 水素のチカラを楽しく学ぼう

    2017/07/13

    「PROJECT TOEI」

    夏休みは燃料電池バスに乗って、
    水素のチカラを楽しく学ぼう

    東京都交通局は、都営交通の情報発信プロジェクト「PROJECT TOEI」の一環として、JTB国内旅行企画と共同で、8月19、20、26日に燃料電池バスを使ったツアー「水素のチカラを実感!親子で行く燃料電池バスツアー」を実施する。燃料電池バスによるツアーは、募集型企画旅行としては日本で初めての試みになる。

    燃料電池車は、水素と酸素を反応させて電気を取り出す仕組みで、暖化ガスを排出しない究極のエコカーといわれる。同局では2003、2015年の実証実験などで、燃料電池バスの市場投入に向けた技術開発などに協力。2017年からは、トヨタ自動車が開発・市販化した同バスを導入し、市販車では日本で初めて路線バスとして営業運行している。
    同局では、今後も同バスの導入を順次拡大し、水素社会の実現に貢献したい考えだ。

    ツアーでは、江東区にある水素情報館「東京スイソミル」でのワークショップを通じて、水素エネルギーについて学ぶとともに、バスで発電した電気を使う屋外料理体験も楽しめる。料理体験では、東京産の食材で「炊き込み東京カレー トマトあん」を調理する。和食料理人の道場六三郎氏がツアーのために考案したメニューだ。

    ツアーの募集は7月13~25日で1人2500円。募集人数は各回20人で、応募多数の場合は抽選になる。申し込みは、専用ウェブサイト(https://opt.jtb.co.jp/kokunai_opt/p/p1049483)から。
    PROJECT TOEIサイト:http://project-toei.jp/