loading...

電通とJリーグ、スタジアム観戦価値の向上を目指し、Jリーグ公式アプリ「Club J.LEAGUE」を共同開発

    2017/08/01

    電通とJリーグ、スタジアム観戦価値の向上を目指し、Jリーグ公式アプリ「Club J.LEAGUE」を共同開発

    08月01日に配信された電通ニュースリリース文面は以下の通りです。


    2017年08月01日

    電通とJリーグ、スタジアム観戦価値の向上を目指し、Jリーグ公式アプリ「Club J.LEAGUE」を共同開発

    株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)と公益社団法人 日本プロサッカーリーグ(本社:東京都文京区、理事長:村井 満、以下「Jリーグ」)は、スタジアム観戦の価値向上を図るCRMサービスを共同で開発し、Jリーグ公式アプリ「Club J.LEAGUE」として、本日リリースしました。

    視聴環境のデジタル化やスタジアムのネットワーク環境整備など、Jリーグを取り巻くデジタル変化の波が広がっています。スマートフォンが観戦の重要なデバイスになっていく中で、Jリーグの人気拡大の重要な施策として、観戦体験をサポートする公式アプリ「Club J.LEAGUE」の登場が待たれていました。

    アプリでは、スタジアム観戦を中心としたポイントプログラムを提供することで、明治安田生命Jリーグチャレンジへの挑戦やスタジアムWi-Fiへの接続でDAZN(ダ・ゾーン)の無料視聴ができるなど、Jリーグ観戦をよりお得に、便利にすると共に、ファン・サポーター同士のつながりを創り出すことでJリーグファン・サポーターを拡大していくことを目指しています。
    毎週スタジアムで観戦している熱心なファン・サポーターから、初めて観戦するトライアルファンまで幅広く楽しめる内容を、年間延べ入場者数1,000万人を超えるJリーグファン・サポーターに対して提供していきます。また、パートナー企業のマーケティング活動にも利用することが可能です。

    当社は2014年よりJリーグと独占マーケティングパートナー契約を締結しておりますが、今後もパートナー企業の拡大によるJリーグの収益拡大と共に、当社が培ってきたスポーツ事業における知見やデジタルマーケティングのノウハウを、観客動員数の増加をはじめとするJリーグの振興に活用していきます。

    【「Club J.LEAGUE」の主な機能】

    ■ニュース
    さまざまな情報を一元的にまとめ、ユーザーが選ぶお気に入りクラブごとに公式情報をまとめて提供します。

    ■チケット販売
    「Jリーグチケット」と連携し、全試合のチケットの購入が可能になります。

    ■ロイヤリティプログラム(メダル)
    スタジアムでの観戦回数を中心としたロイヤリティプログラムを提供。ランクに応じて、Jリーグ、クラブ、パートナー企業から特別なおもてなしを受けられるキャンペーンに参加できます。また、観戦を重ねることで、「明治安田生命Jリーグチャレンジ」に挑戦でき、当たりが出ると、新たなファン・サポーターを誘うためのペアチケットを手に入れることができます(本プログラムは明治安田生命相互保険会社の協力により実施)。

    ■試合日程・速報
    日程や速報などの試合情報を提供します。

    ■スタジアムWi-Fiに接続し「DAZN(ダ・ゾーン)」を無料視聴
    現在整備が進むスタジアムWi-Fiに接続することで、場内で「DAZN」の無料視聴が可能になります。当初はカシマスタジアムにて運用されます。

    ■主要画面のイメージ

    主要画面のイメージ

    以上


    電通ニュースリリース
    http://www.dentsu.co.jp/news/release/2017/0801-009338.html