loading...

日本冷凍食品協会  おいしさをPRするイベントを開催

    2017/10/19

    日本冷凍食品協会 

    おいしさをPRするイベントを開催

    日本冷凍食品協会は「冷凍食品の日」の10月18日、東京・中央区のロイヤルパークホテルで「10月18日は『冷凍食品の日』~ココロにおいしい、冷凍食品~」PRイベントを開催した。
    冷凍の「凍」(=10)と冷凍食品の世界共通の管理温度のマイナス18℃以下という数字にちなみ、同日を冷凍食品の日と制定。それに合わせ、同協会では毎年イベントを実施し、冷凍食品の便利さやおいしさをアピールしている。
    冒頭、協会の伊藤滋会長は、同イベントは人気が高く、今回の当せん倍率が7倍だったと明かし「近年の冷食はおいしくて健康にも配慮した商品も多い。今日は、さまざまなシーンで活用されている冷食のメリットを、楽しみながら体感してほしい」とあいさつした。

    イベントでは一般来場者約200人を招き、プロゴルファーの東尾理子さんと、冷凍食品の素晴らしさを広める「冷凍食品アンバサダー」で洋食料理家の三國清三さんが食や料理に関するトークを展開した。
    2児の母である東尾さんは、日頃からキッチンに立ち、夫の俳優・石田純一さんや子どもたちのために腕を振るうという。食事は健康面を考慮してバランスや食べる時間を意識しているが、冷凍食品に関しては「使ったことはあるが、家で作ったものを冷凍するタイプで、冷凍食品を日常的に買うことはない」と話した。

    東尾さんはホテルのシェフと共に、冷凍食品のつくね、オクラ、ほうれん草を使った「つくねのスペイン風オムレツ」と「ほうれん草とバナナのスムージー」の調理にトライ。急速冷凍するため食材の栄養素が失われないなど、冷凍食品の特長を聞いた東尾さんは「勉強になりました。知らないことばかりで…」と目からうろこの様子。出来上がった料理を試食し、「おいしいので積極的に使っていきたい。冷凍食品は、忙しい主婦たちが時間の余裕だけでなく、心のゆとりを持つためのパートナーになれますね」と語った。

    トーク終了後、ビュッフェ形式の試食会が行われ、東尾さんと三國シェフがイベントで作った料理を参加者に振る舞った。そのほか、三國シェフ考案のメニューやタイ、インド、フランス、スペインなど多国籍の料理なども提供され、参加者は冷凍食品のおいしさを堪能した。
    同協会公式サイト:http://www.reishokukyo.or.jp/