loading...
MENU

日清食品が「麺すすり音」のヌードル・ハラスメント対策用フォークを発表

    2017/10/25

    日清食品が「麺すすり音」のヌードル・ハラスメント対策用フォークを発表

    日清食品は10月23日、麺をすする音を感知するとその麺すすり音をカモフラージュする音源を自動再生する機能を搭載したフォーク「音彦(おとひこ)」の予約受け付けを開始した。2020年に向けて訪日観光客が増える中、麺をすする音によるあつれき=ヌードル・ハラスメント問題の解消にも寄与する商品だ。

    麺すすり音カモフラージュ機能搭載フォーク 音彦

    「音彦」は、日清食品らしいユニークな視点で食にまつわるさまざまな問題にアプローチしていく商品開発プロジェクト「PRODUCT X」(プロダクトペケ)の第一弾商品。販売方法は日清食品初のクラウドファンディングとなり、12月15日までに予約数が5000個に達した場合に販売する。価格は14800円 (税込)。

    「麺すすり音カモフラージュ機能搭載フォーク 音彦」予約受け付け

    麺をすする音にまつわるヌードル・ハラスメント問題を解決するという「音彦」は、不快な音に心地よい別の音をかぶせるTOTOの「音姫」に着想を得て開発された。

    フォークに搭載された高性能集音マイクが麺をすする音を感知すると、近距離無線通信を通じてスマートフォンの専用アプリケーション(iOSのみ)から麺すすり音をカモフラージュする音源が流れる。

    サウンドプロデューサーは、自然音から紡ぐ楽曲を手掛ける音楽作家の清川進也氏。

    商品は、円柱形のフォルムに起動ボタンと充電残量を表示するLEDライトのみが配置されたシンプルなデザインとなっている。