loading...
MENU

東京タワー「特別展望台」をリニューアル 3月3日、トップデッキツアーがグランドオープン

    2018/03/02

    東京タワー「特別展望台」をリニューアル 3月3日、トップデッキツアーがグランドオープン

    日本電波塔は、2018年12月に開業60周年を迎える東京タワーの特別展望台を「トップデッキ」としてリニューアルし、3月3日から事前予約制の新アトラクション「トップデッキツアー」を開始する。今後、トップデッキに上がれるのはツアー参加者だけとなる。
    グランドオープンに先立つ2月28日、メディア内覧会が行われた。

    関連記事:東京タワー 3月に特別展望台をリニューアルオープン[2018.01.12]
     
     

    地上250メートルの高さにある特別展望台の大規模な改修は開業以来2度目となり、今回は2016年10月から時間をかけて工事を行い、トップデッキツアーの専用レーンやメインデッキとトップデッキを結ぶエレベーターがリニューアルされた他、トップデッキのデザインも大きく変更された。

    また、事前予約・時間指定制により待ち時間なしで入場できるシステムの採用や13言語に対応した携帯型ガイド端末の貸し出しなど、東京タワーの過去や未来を感じられる体験型展望ツアーとしてホスピタリティーの向上も図られている。

     

    トップデッキツアーは、予約時に発行されたQRコードをフットタウン1階のトップデッキレーンで提示し、13言語対応音声ガイド端末を受け取ってスタートする。
    地上150メートルのメインデッキまで最初のエレベーターで上がり、ツアー参加者専用のトップデッキゲートを通過。東京タワーや周辺環境の歴史を振り返るタワーギャラリーやシークレットライブラリーを見学した後、さらに2本のエレベーターを乗り継いでトップデッキへと進む。乗り換えスペースのプラットフォームは、世界的なパフューマーのクリストフ・ラウダミエル氏によるタワーオリジナルの香りで演出され、ドリンクを提供するなど“おもてなし”サービスも充実。希望者はカメラマンが撮影する記念写真を購入することができる。

    地上250メートルのトップデッキ内は、インテリアデザインや空間アートを数多く手掛けるアーティスト・KAZ SHIRANE(カズ・シラネ)氏がデザインを担当した。「ゲストと一緒に創る展望台」「東京の未来を映し出す鏡」をコンセプトに、ジオメトリックミラーと LED照明による演出が施され、眼下に広がる景色をゆったりと鑑賞できる。

    トップデッキツアーの参加料金は大人(高校生以上)2800円、子ども(小中学生)1800円、4歳以上の幼児が1200円。
    地上150メートルのメインデッキの見学も可能で、オープン初日は、ツアー参加者全員に記念品をプレゼントする。

    公式サイト:
    https://tdt.tokyotower.co.jp/