loading...
MENU

「NIGO for IQOS」  コレクション第2弾はカモ柄

    2018/03/22

    「NIGO for IQOS」 
    コレクション第2弾はカモ柄

    フィリップモリスジャパンは3月16日、東京・中央区のアイコスストアで、加熱式たばこ「IQOS」の新コレクション発表会を行った。

    同社は2017年10月から、クリエイティブ・ディレクターのNIGO氏とコラボレーションしたアイコスのコレクションを展開。今回の第2弾「THE CAMO COLLECTION」は“進化するアイデンティティ”をコンセプトに、たばこ葉のモチーフを取り入れたカモフラージュ柄を採用するなど、これまでにない独創的なデザインが特長だ。

    第1弾記事:「NIGO for IQOS」 コレクション第2弾はカモ柄[2017.10.13]

     

    CRMプログラムマネージャーのタヌージャ・スリアラチ氏は「NIGO氏は、原宿の小さな一角からスタートしたアパレルブランドで世界を席巻した。この事実は、当初名古屋限定で発売し、今では日本全国で人気となり、近い将来世界を席巻するであろうアイコスと親和性が高い」と、両者の関係を紹介。「第2弾では、これまでのアイコス専用アイテムだけでなく、オリジナル仕様のファブリックを用いたデバイスをはじめ、アクセサリーとアパレルラインを合わせた8種類のアイテムを展開する。全てNIGO氏が特別にデザインしたものだ」と新コレクションの概要について説明した。

    自然の中で身を隠すデザインとして生まれたカモフラージュ柄は、ストリートで個性を主張するアイコンとしても人気が高く、同コレクションは、全てのアイテムにカモフラージュ柄を採用している。中でも「IQOS CAMO DEVICE」は、これまでのプリント仕様とは異なり、初めて表面に生地を貼り付けた構造とするなど、希少性の高さも大きな魅力だ。

    デバイスやTシャツ、ジャケット、バッグなど8アイテムからなるコレクションは、全国の アイコスストアやオンラインショップなどで4月3日より限定発売される。 アイコスオーナー限定ウェブサイト「IQOSphere」では、3月19~22日まで数量限定で先行販売が行われる。

    公式サイト:
    https://www.iqos.jp/