loading...
MENU

電通、「キャプテン翼」(2018年製作版)のアジア/オセアニアにおける番組販売権、商品化権、広告使用権を独占で獲得

    2018/03/28

    電通、「キャプテン翼」(2018年製作版)のアジア/オセアニアにおける番組販売権、商品化権、広告使用権を独占で獲得

    3月28日に配信された電通ニュースリリース文面は以下の通りです。


    2018年3月28日

    電通、「キャプテン翼」(2018年製作版)のアジア/オセアニアにおける 番組販売権、商品化権、広告使用権を独占で獲得

    株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)は、株式会社TSUBASA(本社:東京都中央区 社長:岩本 義弘)と共同で、アニメ新シリーズ「キャプテン翼」(2018年製作版)のアジアならびにオセアニア(※)における番組販売権、商品化権、広告使用権を独占で獲得しました。

    キャプテン翼の認知度は香港やインドネシアで70%程度などと非常に高く(ジャパンブランド調査2017年)、また、ヨーロッパを代表する著名サッカー選手にもキャプテン翼のファンは多く、彼らがサッカーを始めたきっかけになったと言われています。

    今後当社は、海外のグループ会社と連携し、日本発の人気コンテンツである「キャプテン翼」(2018年製作版)の権利を活用しながら、海外におけるスポーツ振興とビジネス開発を推進していきます。また、各国サッカー協会との連携により、スポンサー企業各社に対するスポーツマーケティング機会の創出を行っていきます。


    アジア、オセアニアの対象国・地域
    中国、台湾、香港、マカオ、モンゴル、韓国、グアム、北マリアナ諸島、アフガニスタン、イラン、キルギス、タジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタン、バーレーン、イラク、ヨルダン、クウェート、レバノン、オマーン、パレスチナ、カタール、サウジアラビア、シリア、UAE、イエメン、バングラデシュ、ブータン、インド、モルジブ、ネパール、パキスタン、スリランカ、オーストラリア、ブルネイ、カンボジア、東ティモール、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム、アメリカ領サモア、クック諸島、ソロモン諸島、タヒチ、トンガ、ニューカレドニア、ニュージーランド、バヌアツ、パプアニューギニア、フィジー
    以上

    電通ニュースリリース
    http://www.dentsu.co.jp/news/release/2018/0328-009502.html