loading...
MENU

ニコン100周年  マリリン・モンローの伝説のワンカットで、グローバルキャンペーンを展開

    2018/04/20

    ニコン100周年 
    マリリン・モンローの伝説のワンカットで、グローバルキャンペーンを展開

    光学機器メーカーのニコンは、2017年7月25日からの1年間を創立100周年イヤーと位置付け、さまざまなコミュニケーションを展開している。
    その一環として18年2~3月末に、マリリン・モンロー(1926~1962)の伝説の写真を使い、同社初となるグローバル統一キャンペーン「The moments. / 恋した瞬間。」を実施した。

    その写真は、ニコンのカメラを愛用した、コマーシャルフォトの大家、バート・スターン氏(1929~2013)によって撮影された。

    Getty Images

    1962年、著名なファッション誌の企画で、2人によるフォトセッションが行われたが、それがモンローの亡くなる6週間前だったことから、後に“伝説のセッション”「マリリン・モンロー/最後のポーズ」として語り継がれている。
    3日間に及んだセッションで撮影された写真は2500枚を超えたが、残された膨大な数のフィルムの中に、モンローがスターン氏の愛機・ニコンFを手にして、無邪気で愛嬌のある表情を見せている1枚が存在した。
    同社の100周年記念サイト(https://www.nikon.co.jp/100th/specialcontents)では、この出来事について「ふたつの才能が出会った『最高に美しい瞬間』にも、やはりニコンが寄り添っていた。」と表現している。

    同社は、この写真をキービジュアルとした日本発のキャンペーンを、デジタル広告をメインに、欧米やアジアなど計12カ国で展開した。
    グーグルやBaiduなどの大手検索エンジンへのバナー広告掲載や、「GQ」「Wired」のサイト上では、伝説の1枚が生まれたストーリーを記事体広告で実施。中でも、ユーチューブで公開した30秒の記念動画は高いアクセス数を記録し、各国でさまざまなバズが発生した。
    日本では、全国紙へのカラー全ページ広告出稿や、トレインチャンネルでの動画放送なども展開され注目を集めた。
    「GQ」アドバトリアル:
    https://www.gq.com/story/the-original-mad-man-photographer-and-his-nikon-f-camera
    「Wired」アドバトリアル:
    https://www.wired.com/brandlab/2018/03/camera-captured-marilyn-monroe/