loading...
MENU

「三菱電機 WORLD CHALLENGE CUP 2018」 世界トップクラスの車いすバスケチームが対戦

    2018/06/06

    「三菱電機 WORLD CHALLENGE CUP 2018」
    世界トップクラスの車いすバスケチームが対戦

    日本車いすバスケットボール連盟(JWBF)は6月8~10日、国際大会「三菱電機 WORLD CHALLENGE CUP 2018」(主催=JWBF、日本障がい者スポーツ協会 スペシャルパートナー=三菱電機 オフィシャルパートナー=日本生命、サントリーホールディングス オフィシャルサポーター=味の素)を東京・調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで開催する。
     

    2020年東京パラリンピックに向け、日本代表の強化とパラリンピックムーブメントの盛り上げを目的に、オーストラリア、カナダ、ドイツ、日本の世界トップクラスの4チームが戦う国際強化試合で、同会場は、2020年大会で実際に使用される施設だ。
    今大会には、男子4チームと女子2チーム(オーストラリア、日本)が参加。女子2試合は「日本生命 WOMEN’S CHALLENGE MATCH」として開催される。

    同大会は、日本代表の強化の他、国際レベルの審判員や競技オフィシャル、ボランティアの育成なども目的に2017~19年の3年連続で開催予定。
    日本では2020年に向けてさまざまな障害者スポーツのPR活動が行われているが、観戦率の低さが課題になっている。
    同大会では、パラスポーツを他のスポーツ競技と同様に「観戦チケットを購入して見る」という意識を持ってもらうため、客席の一部有料化を実施する。
    (ローソンチケット:
    http://l-tike.com/sports/wcc18
    また、BS日テレとCS日テレジータスでは、期間中に日本戦4試合を放送する予定。

     前回、オーストラリア、イギリス、トルコ、日本の4チームが参加した2017年大会(東京体育館)には、期間中約7700人が観戦に訪れ、世界レベルのプレーを間近で体感した。
    健常者スポーツに比べて、まだなじみの少ないパラスポーツを、ぜひこの機会に観戦してみてはいかがだろうか。8日(金)はアリーナ席も無料で利用できる。
    大会公式サイト:https://wcc.jwbf.gr.jp/2018/