loading...
MENU

働く女性を応援 「中間管理職劇場 ○○(マルマル)の女」公開

    2019/03/18

    働く女性を応援
    「中間管理職劇場 ○○(マルマル)の女」公開

    日本経済新聞と電通、電通パブリックリレーションズが展開する、中堅・中小企業ブランディングプロジェクトは3月18日、企業で輝く女性をドラマチックに紹介するコンテンツ「中間管理職劇場 ○○(マルマル)の女」(協賛=デル、パーカー)を、就活・採用情報サイト「キャリスタ就活2020」で公開した。

    https://job.career-tasu.jp/2020/camp/pr/women-leaders/?qcd=pisidebnr035_190318

                     日本経済新聞 全ページカラー告知

    3者はこれまで、日本の中堅・中小企業を活性化し、ブランド価値を上げる施策や取り組みを行ってきたが、今回のプロジェクトは、日本が世界の主要国の中でも管理職に占める女性の割合が低く、特に中堅・中小企業で女性の昇進が進んでいない現状に基づくもの。
    女性が活躍する企業に脚光を当てることで、優秀な人材の採用に結び付けたい考えだ。

    参加企業は、食品や運輸、金融、ファッション、建設、クリーニングなど多岐にわたる業種の20社。ウェブ扉ページでは、記事に登場する女性社員のビジュアルを使ったポスターをサムネイルに。そこから飛べる記事ページでは、それぞれの仕事に就いた経緯や流儀、思い入れ、やりがいなどを紹介している。「世界でひとつの、20人の物語。」だ。

    日本経済新聞の3月18日朝刊には、コンテンツを告知する全ページカラー広告を掲載。
    キャッチコピーは「女性活躍なんていわれる前から、私たちは働いてきた。」。
    紙面の“○○の女”ロゴにスマホアプリ・日経ARをかざすと、記事が見られる工夫がされている。