loading...
MENU

GWは「東京2020 Let’s 55」で 東京大会の競技体験を

    2019/05/02

    GWは「東京2020 Let’s 55」で
    東京大会の競技体験を

    東京2020組織委と東京オリンピック・パラリンピック大会のゴールドパートナー・三井不動産は5月3~5日、東京・江東区の三井ショッピングパーク ららぽーと豊洲で、競技体験プロジェクト第5弾「東京2020 Let’s 55 〜レッツゴーゴー〜with 三井不動産」を開催する。

    同プロジェクトは、2020年までに東京大会の全55競技を体験できる場を一般に提供するもので、過去4回の開催で34競技を実施してきた。
    今回は初開催となるハンドボール、ウエイトリフティングを含む、オリンピック10競技と、パラリンピック4競技の体験などのブース・ステージを展開。大会マスコットのミライトワ、ソメイティも登場する。

     

    また「子どもの日ヤングアスリートスペシャル!」をテーマに、子どもたちに身近な年代のアスリートが多数参加する予定。
    5日には、オリンピアンの大神雄子さん(バスケットボール)や、大山加奈さん(バレーボール)と共に、赤荻颯太選手(自転車競技)、高野万優選手(空手)、橋本勝也選手(ウィルチェアーラグビー)らヤングアスリートが参加するセレモニーも開催する。

    特設サイト:
    https://tokyo2020.org/jp/special/lets55/

    ■ 第1弾の様子