loading...
MENU

東京パラリンピック1年前 カウントダウンセレモニーで 機運高まる!

    2019/08/27

    東京パラリンピック1年前
    カウントダウンセレモニーで
    機運高まる!

    2020年東京パラリンピックの開幕1年前に当たる8月25日、東京2020組織委、東京都主催のカウントダウンセレモニー(共催=NHK)が開催され、大会への機運を盛り上げた。
     

    東京・渋谷区のNHKホールで開催されたセレモニーには、国内競技団体や東京都・会場自治体の関係者、各国大使、都内の小中高生らが招待された。
    冒頭、大会マスコット・ソメイティの競技アニメ(https://tokyo2020.org/jp/special/mascot/)の放映後、ステージには走り幅跳び世界記録保持者のマルクス・レーム選手(ドイツ)が登場した。レーム選手が、競技で観衆に応援を求めるのと同様に手拍子を始めると来場者もそれに呼応。それに合わせてミュージシャンのKREVAさんが現れ、ボッチャ競技の廣瀬隆喜・杉村英孝選手と共に日本ボッチャ協会公認応援ソング「居場所」を披露した。

    組織委の森喜朗会長は、オリンピック・パラリンピックの両大会が、同じ都市で2回開催されるのは世界初として、だからこそ「共生社会」の実現を成し遂げたいとあいさつ。
    小池百合子知事は、パラアスリートの驚くべき能力が体感できる生での観戦を勧めるとともに、都市のバリアフリー化推進やダイバーシティー実現に言及した。
    菅義偉官房長官は政府を代表し、国も環境整備に全力を尽くしていると説明。全競技フルスタジアムになるよう、世界中の人と盛り上げていきましょうと呼び掛けた。
    国際パラリンピック委員会(IPC)のドゥエーン・ケール副会長は、大会準備が極めて順調に進んでいると報告し、社会を変革する過去最高の大会になると断言した。

    「ジャパンパラリンピックデー」
    日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会(JPC)の鳥原光憲会長は、車いすテニスメダリストの国枝慎吾、上地結衣選手を伴い登壇。毎年8月25日をパラリンピックの記念日「ジャパンパラリンピックデー」とし、同日創設することを宣言した。

    「パラリンピック聖火リレー」
    会場には、聖火リレーアンバサダーを務める女優の石原さとみさん、お笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきおさんと冨澤たけしさん、パラリンピアンの田口亜希さんが、初披露となる走者用のユニホームを着用して登場。パラリンピック聖火リレーの特徴を説明し「オリンピックの熱を引き継いで、聖火リレーを盛り上げたい」などと決意を述べた。

    セレモニーの最後には、テレビ番組「チコちゃんに叱られる!」(NHK総合)の、永遠の5歳児・チコちゃんが登場し、登壇者相手にクイズを展開。間違えると、番組同様に「ボーっと生きてんじゃねーよ!」のキメぜりふで会場を沸かせた。
    また、当日の新聞各紙に掲載された、“パラリンピックの開会式は凄いらしい”の広告を紹介。「どうすごいのか気になりません?そんな開会式のイメージをチラ見せしちゃいます」と言うと、開閉会式の演出を手掛けるメンバーの一人である、アーティスト・椎名林檎さんと、ラッパーのMummy-Dさん(RHYMESTER)、リオパラリンピック閉会式で活躍したダンサー・峰尾紗季さん、鎗田雄大さんの4人が登場し、ラップや歌、ダンスを組み合わせたパフォーマンスを披露した。
    チコちゃんは「チコも入っていい?」と、メンバー加入をねだり笑わせた。

                                                              ⓒ Tokyo 2020