loading...
MENU

ラグビーW杯 スコットランド戦 「死闘」で瞬間最高視聴率53.7%!

    2019/10/15

    ラグビーW杯 スコットランド戦
    「死闘」で瞬間最高視聴率53.7%!

    10月13日に放送された、ラグビーW杯 日本対スコットランド(日本テレビ系列 午後7時30分~同9時54分)の平均世帯視聴率(関東地区)が、39.2%を記録した。(数字はビデオリサーチ調べ)
    画像=ⓒ フォート・キシモト

     試合は、日本が初の予選突破を懸け強豪スコットランドと対戦とあって、高視聴率が予想されたが、今年放送された全番組中で視聴率1位になった。
    関西地区は37.2%、名古屋地区は39.1%で、いずれも高視聴率だった。

    瞬間最高視聴率は、試合終了で日本がベスト8進出を決めた午後9時41分に記録した53.7%(関東地区)。関西、名古屋両地区でも50%を超えた。
    日本戦の視聴率は、開幕から右肩上がりが続いている。

    日本は20日に南アフリカと準々決勝を戦う。
    NHKは同試合を当初BSで放送予定だったが、急きょ総合テレビで生中継することを決定した。