loading...
MENU

【告知】「DESIGNART TOKYO 2019」開催 都内各所でさまざまな企画を展開

    2019/10/17

    【告知】「DESIGNART TOKYO 2019」開催 都内各所でさまざまな企画を展開

    デザイン&アートフェスティバル「DESIGNART TOKYO」が10月18~27日に開催される。世界屈指のミックスカルチャー都市である東京を舞台に、世界中からアート、インテリア、ファッション、テクノロジーなどさまざまなジャンルのモノやコトが集結し、都内各所で多彩な作品が発表される。
    開催3年目となる今年は、個人ではなく社会全体でアートを支える文化を成熟させるための活動をスタートする。「1% for Art」は、公共建設の建築費の1%をパブリックアートの制作費用に充てるというもので、欧米諸国や韓国、台湾などで法制化されている文化制度。これにより、人々が日常的にアートを鑑賞し、感動できる社会が実現するとともに、アーティストやデザイナーの雇用が創出されクリエーティブ産業を活性化させることができるという。
    イベントでは、日本においてこの制度を実現するための多様なプロジェクトを展開するほか、会期を通じて法制化実現のための著名活動なども実施する。

    【DESIGNART TOKYO 2019 開催概要】
    名称:DESIGNART TOKYO 2019(デザイナート トーキョー 2019)
    会期:2019年10月18日(金)~10月27日(日)10日間
    エリア:表参道・外苑前/原宿・明治神宮前/渋谷・恵比寿/代官山・中目黒/六本木/新宿/銀座
    主催:DESIGNART実行委員会
    URL:http://designart.jp/designarttokyo2019

    【アートディレクター 瀧亜沙子氏による特別展示】
    会期中、瀧亜沙子氏(電通・アートディレクター)による「Without Fig Leaf, Clothing Was Not Born. ― もしもあの時、イチヂクの葉がなければ服は生まれなかった。」の特別展示が開催される。会期中の10日間、ハイエンドインポートブランドをセレクトする「VIA BUS STOP MUSEUM(代官山)」と空間コラボレーションをして展開する。

    この作品は”髪の毛”を用いて、 裸の不完全さを補うものを新たに作り出すことで、今いる世界とは違う 「毛髪主義」 世界の可能性を探る。過去の現象がひとつでも違えば、違う未来になる。些細な現象から広がるパラレルワールドを表現する。
     
    展示では、同展のために制作された、高さ3mの大型インスタレーション作品ほか、映像作品、受注生産制のシナリオブックなどが展示される。
     
    また、オープニングイベント「PechaKucha Night Special」で、作品プレゼンテーションをするゲストクリエーターとして登壇する。

     【 「PechaKucha Night Special」 】
    2003年に、クラインダイサムアーキテクツのAstrid KleinとMark Dytahamによって考案され、現在では世界1200都市で開催されているゲストクリエーターによるプレゼンテーションイベント。
    日時:2019年10月18日(金)21:00 OPEN 22:00 START 4:00 CLOSE
    場所:PLUSTOKYO(キラリトギンザ 12F)
    〒104-0061 東京都都中央区銀座1-8-19 キラリトギンザ 12F RF