loading...
MENU

NHKと民放連 2026~32年オリンピック4大会の放送権を獲得

    2019/11/15

    NHKと民放連 2026~32年オリンピック4大会の放送権を獲得

    日本民間放送連盟(民放連)は11月14日、NHKと同連盟で構成するジャパンコンソーシアム(JC)が、2026年ミラノ・コルティナダンペッツォオ冬季オリンピック、28年ロサンゼルスオリンピック、30年冬季オリンピック、32年オリンピックの4大会の放送権獲得について、国際オリンピック委員会(IOC)と合意したと発表した。
    放送権料は4大会計で975億円。テレビ・ラジオ放送の他、インターネットやモバイルなどのデジタル配信など、日本国内における全てのメディアの権利を含む。

    民放連の大久保好男会長は「JCは、前身のJP(ジャパンプール)を含めると、夏季大会は1976年モントリオールから、冬季は1998年長野大会から、長年にわたり大会の素晴らしさを視聴者に届けてきた。メディアやスポーツを取り巻く環境は大きく変化しているが、NHKと民放で構成するJCは、オリンピックを国民に伝える最良の形と確信している」とコメントした。
    JCはすでに東京2020大会の他、22年北京冬季大会、24年パリ大会の放送権を獲得している。