loading...

    2020/05/27

    「KIBO 宇宙放送局」プロジェクト
    機材を搭載した補給機が、ISSに到着

    インタラクティブ・クリエイティブ・カンパニーのバスキュールは2019年11月、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の新たな発想の宇宙関連事業の創出を目指す共創型研究開発プログラム・J-SPARCにおけるプロジェクトとして、国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」日本実験棟内に、双方向番組スタジオ「KIBO 宇宙放送局(The Space Frontier Studio KIBO)」を開設し、スカパーJSATとともに宇宙メディア事業の創出に向けた活動を開始した。
    当時のJAXA報道発表:https://www.jaxa.jp/press/2019/11/20191106a_j.html

     
     

    地球と宇宙を双方向でつなぐ番組は、20年夏の放送(予定局:BS スカパー)を目指し、番組企画をゼロからプロデュースするメインクルーには、俳優の中村倫也さん、菅田将暉さんが就任している。

    その後、同社はプロジェクト実現のため、JAXAと技術的な調整を続け、5月21日午前2時31分、宇宙放送局で使用する機材を搭載した宇宙ステーション補給機「こうのとり」9号機が、H-IIBロケット9号機で、種子島宇宙センター(鹿児島県)から無事打ち上げられた。JAXAは26日、補給機はISSとの結合を完了したと発表。プロジェクトは、重要なマイルストーンに達した。
    この模様は、プロジェクトの公式ユーチューブチャンネルでライブ配信され、メインクルーの中村倫也さん、宇宙飛行士の山崎直子さん、バスキュールの朴正義社長が打ち上げを見守った。
    公式サイト:https://kibo.space/ja/

     

     

     

    新規CTA
    新規CTA