loading...

    2021/09/10

    第74回「広告電通賞」決まる

    第74回広告電通賞の全入賞作品が決まり、「総合賞」にサントリーホールディングスが選出された。同社は2年連続での総合賞受賞で、通算24回目となる。「フィルム広告」「ブランドエクスペリエンス」の2部門での最高賞と、「フィルム広告」「イノベーティブ・アプローチ」の2部門での金賞を受賞し、広告活動全般にわたる優れた成果が評価された。

    サントリーホールディングスが受賞した最高賞2点

    フィルム広告部門最高賞のボス(宇宙人ジョーンズ・宇宙人からのアドバイス)
    フィルム広告 ボス(宇宙人ジョーンズ・宇宙人からのアドバイス)
    ブランドエクスペリエンス部門最高賞の伊右衛門(緑の伊右衛門)
    ブランドエクスペリエンス 伊右衛門(緑の伊右衛門)

    応募総数は1190作品で、応募受付から選考まで、すべてオンラインで実施された。選考対象となったのは、2020年4月から2021年3月(ブランドエクスペリエンス部門、エリアアクティビティ部門は2020年3月から2021年3月)までに実施された広告だったことから、コロナ禍ならではの表現が多く見られると同時に、社会課題に取り組んだものも多く見られた。

    【総合賞 】サントリーホールディングス
    【プリント広告最高賞 】大塚製薬
    【オーディオ広告最高賞 】大塚製薬
    【フィルム広告最高賞 】サントリーホールディングス
    【OOH 広告最高賞 】セイコーホールディングス
    【ブランドエクスペリエンス最高賞 】サントリーホールディングス
    【エリアアクティビティ最高賞 】岩手日報社
    【イノベーティブ・アプローチ最高賞 】ヤフー/警察庁
    【特別賞 】藤子・F・不二雄プロ/川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム
    【SDGs特別賞 】貝印

    詳細は「広告電通賞」公式サイトを確認ください。
     

    新規CTA
    新規CTA